中央区大江戸まつり盆踊り大会

中央区大江戸まつり盆踊り大会1どんぶり

中央区が運動場で行う本気の盆踊り。オリジナル曲目『これがお江戸の盆ダンス』が響き渡る。


 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


おススメプラン

①旅の始まり 東京都 中央区 水天宮駅

↓(徒歩1分)

②東京都 中央区 水天宮

↓(徒歩4分)

③東京都 中央区 ビーフかつ

↓(徒歩2分)

④東京都 中央区 甘酒横丁

↓(徒歩2分)

⑤東京都 中央区 フルーツかき氷

↓(徒歩7分)

⑥東京都 中央区 中央区 大江戸まつり盆踊り大会

↓(徒歩1分)

⑦旅の終わり 東京都 中央区 浜町駅


①旅の始まり 水天宮駅

ぽちゃま
ぽちゃま

水天宮駅を下車、水天宮に向かいましょう。安産・子授け・七五三などのご利益で有名ですね。

②水天宮

  • 〒103-0014
    東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目4−1
  • 03-3666-7195
水天宮
ぽちゃま
ぽちゃま

2016年に新築となりとっても綺麗です。社務所や待合室も現代的な造り。

③ビーフかつ(そよいち)

  • 〒103-0013
    東京都中央区日本橋人形町1丁目9−6
  • 03-3666-9993
ビーフかつ
ぽちゃま
ぽちゃま

歩いてビーフカツレツ屋さんに向かいましょう。ご飯に豚汁、マカロニサラダ、キャベツの千切り、そしてメインのビーフカツレツ。シンプルで一つ一つがしっかりと美味しい、毎日食べられるカツレツです。

④甘酒横丁

  • 〒103-0013
    東京都中央区日本橋人形町2丁目4
甘酒横丁
ぽちゃま
ぽちゃま

人形町と言えば甘酒横丁。老舗の和菓子さんや、お茶屋さん、焼き鳥屋さんなど
ぶらぶら歩くにはもってこいです。

⑤フルーツかき氷(pomp)

  • 〒103-0013
    東京都中央区日本橋人形町2丁目21−4 日本橋加藤ビル 1F
  • 03-5843-6207
ピオーネミルクかき氷
ぽちゃま
ぽちゃま

寄り道にはフルーツかき氷を頂きましょう。人形町の中では新参のお店、pompさんのシャインマスカットミルクかき氷。真夏のこの時期には最高の涼です。

⑥中央区大江戸まつり盆踊り大会

  • 〒103-0007
    東京都中央区日本橋浜町2丁目59 浜町運動場
  • 8月下旬
大江戸まつり盆踊り大会1
ぽちゃま
ぽちゃま

日が沈むころには、何処からか太鼓の音が。そうです、浜町運動場では盆踊り大会が行われています。

大江戸まつり盆踊り大会2
ぽちゃま
ぽちゃま

その辺の盆踊り大会とはスケールが違います。提灯とやぐらだけでも絵になりますね。

大江戸まつり盆踊り大会3
ぽちゃま
ぽちゃま

中央区民踊連盟、各町会、中央区にある企業などがメインに踊ります。

大江戸まつり盆踊り大会5
ぽちゃま
ぽちゃま

中央区オリジナルの『これがお江戸の盆ダンス』や『ダンシングヒーロー』、『バハマ・ママ』などがヘビーローテーション。

大江戸まつり盆踊り大会4
ぽちゃま
ぽちゃま

勿論一般の飛び入りも、大歓迎。なかなかの賑わいです。

⑦旅の終わり 浜町駅

ぽちゃま
ぽちゃま

人形町界隈で江戸を感じる町並みや荒々しい相撲を楽しんだ後に見つけたのは、伝統と斬新が交錯する“粋”な中央区大江戸まつり盆踊り大会です。


≪祭情報≫

[名称]

中央区大江戸まつり盆おどり大会

[概要]

浜町運動場に大きなやぐら を建て、中央区民踊連盟、各町会、中央区にある企業などが中心になって盆踊りが行われる。中央区オリジナルの『これがお江戸の盆ダンス』や『ダンシングヒーロー』、『バハマ・ママ』などが曲目として使われ、伝統と斬新が交錯する“粋”を感じる盆踊り。10層もの踊りの輪が取り囲む姿は圧巻。

[開催場所]

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2丁目59 浜町運動場

[時期]

8月下旬

[問合せ]

  • 東京都中央区大江戸まつり実行委員会事務局(地域振興課コミュニティ支援係)
  • TEL:03-3546-5336
  • FAX:03-3546-2097

タイトルとURLをコピーしました