御田植祭 4月千葉県香取市のお祭り

まつりとりっぷ

稚児たちが参道から御神田へと向かい、早乙女手代が田植え歌を唄いながら苗を植える。香取の春を告げる日本三大御田植祭。

旅の始まり 香取駅

ぽちゃま
ぽちゃま

出発は香取駅から。

隣の佐原駅は千葉の観光で有名な駅ですが、こちらの香取駅はなかなか降りる機会がないですね。

ぽちゃま
ぽちゃま

駅は無人駅です。

なぜが地元のおばあちゃん達が井戸端会議に常駐しているスタイル。

ローカル感があって好きだなぁ。

風上様 (龍田神社) 公園

  • 〒287-0011 千葉県香取市津宮712−3
ぽちゃま
ぽちゃま

北の利根川に向かって歩いていきましょう。

ぽちゃま
ぽちゃま

この辺りには小さな鳥居や社がちらほら見つかります。

ぽちゃま
ぽちゃま

こちらは風神様がまつられています。

ぽちゃま
ぽちゃま

色々な社や鳥居が集合しています。

5社がまつられています。

津宮鳥居河岸

ぽちゃま
ぽちゃま

利根川に到着。

立派な鳥居を発見。

かつては船からやってくる参拝者が通る鳥居でした。

今はフォトスポットですね。

忍男神社 (東の宮)

ぽちゃま
ぽちゃま

今度は香取神社に向かって南に向かいましょう。

ぽちゃま
ぽちゃま

また神社を発見。

こちらは忍男神社 (東の宮)。

香取神宮と縁故の深い神をまつった神社(摂社)です。

御田植祭

ぽちゃま
ぽちゃま

いよいよ本日のメインイベント。

御田植祭を見ましょう。

ぽちゃま
ぽちゃま

この時期は葉の花と桜が一緒に楽しめます。

春真っ盛りですね。

ぽちゃま
ぽちゃま

総門はとっても立派。

ここは「神社」ではなくて「神宮」。

皇族と縁の深い神社を「神宮」と言いますので、格が高い神社です。

ぽちゃま
ぽちゃま

本殿前に関係者が集合してきました。

今年はコロナウイルスの影響を受け、2日間ではなく1日間で執り行われます。

ぽちゃま
ぽちゃま

稚児たちの衣装はとってもかわいらしい 。

本人たちはいったい何のことやら、さっぱり?でしょうね。

ぽちゃま
ぽちゃま

神事がはじまりました。

ぽちゃま
ぽちゃま

鎌(かま)を手にした少女、鋤(すき)を手にした男、鍬(くわ)を持った男と決められた所作で神事を執り行います。

ぽちゃま
ぽちゃま

こちらは田舞の少女。

しっかりと受け継がれている舞いです。

ぽちゃま
ぽちゃま

牛も土の表面を平らにする作業、代掻き(しろかき)を行います。

ぽちゃま
ぽちゃま

一通り神事が執り行われると、列をなして田んぼへ向かいます。

ぽちゃま
ぽちゃま

桜と衣装をまとった稚児たちは華やかで、見ているだけでとっても幸せ。

すくすくと育ちますように。

ぽちゃま
ぽちゃま

列はゆっくりと参道を歩きます。

ぽちゃま
ぽちゃま

香取神宮斎田に到着。

ここでは田植え歌によって早乙女手代が田植えを行います。

ぽちゃま
ぽちゃま

慣れている方たちなので田植え歌に合わせてサクサクっと田植がおこなれます。

旅の終わり 香取駅

ぽちゃま
ぽちゃま

格の高い香取神宮に縁のある神社をめぐり、稚児たちの成長と五穀豊穣を祈る御田植祭の旅です。

旅のまとめ

① 旅の始まり 香取駅

↓(徒歩2分)

② 風上様 (龍田神社) 公園

↓(徒歩10分)

③ 津宮鳥居河岸

↓(徒歩4分)

④ 忍男神社 (東の宮)

↓(徒歩25分)

⑤ 御田植祭

↓(徒歩25分)

⑥ 旅の終わり 香取駅

祭情報

名称御田植祭
概要 大阪住吉大社・三重伊勢神宮とならび日本三大御田植祭の一つに数えられる、五穀豊穣を祈るお祭り。
 1日目は耕田式で、拝殿前にて鎌・鍬・鋤・牛を使って田植え前の田んぼを耕す風景を模した儀式と、8人の稚児による田舞や早乙女手代による植初め行事が奏される。
 2日目は田植式で、稚児や神職などが参道から御神田へと向かい、早乙女手代が田植え歌を唄いながら苗を植える姿が見られる。
開催場所〒287-0017 千葉県香取市香取1697 香取神宮
時期4月の第1土曜日、翌日曜日
問合せ香取神宮 
〒287-0017
千葉県香取市香取1697-1
TEL : 0478-57-3211
FAX : 0478-57-3214
参考令和4年 御田植祭について | 香取神宮

コメント

タイトルとURLをコピーしました