日本の美術館・博物館 おススメをご紹介

日本の美術館・博物館
ぽちゃま
ぽちゃま

日本の美術館・博物館をまとめました。

まつりとりっぷの工程の中に美術館・博物館の訪問を加えるとその土地でしか見ることができない貴重な作品を鑑賞することができたり、歴史・風土に触れることができてとっても豊かな旅になること間違いなし。

ぜひ旅のひとプランに加えてみてください。

それでは日本の美術館・博物館です。

札幌芸術の森美術館

ぽちゃま
ぽちゃま

北の大地で野外をメインに鑑賞できる美術館です。

工房や各施設を貸出し、作品の鑑賞だけではなく制作や練習、発表の場としても利用されています。

北の大地に構える美術館らしいですね。

札幌芸術の森1
ぽちゃま
ぽちゃま

北海道ゆかりの作家、国内外の優れた作品はもちろん、人類の始原である“森”に関わりのある作品を収集しています。

札幌芸術の森2
ぽちゃま<br>
ぽちゃま

森の中を歩くとこんな作品や、

札幌芸術の森3
ぽちゃま
ぽちゃま

こんな作品にポコポコと巡り合えます。

難しく考えずに森の中を散歩して、リフレッシュするのがこの美術館のお作法です。

住所〒005-0864 札幌市南区芸術の森2丁目75番地
開館時間9:45~17:00(6~8月は17:30まで) ※入園は閉園の30分前まで
休館日4月29日~11月3日(無休)
11月4日~4月28日は月曜日 ※月曜日が祝日・振替休日の場合は翌平日
年末年始(12月29日~1月3日)
HPhttps://artpark.or.jp/
電話011-591-0090

青森県立美術館

ぽちゃま
ぽちゃま

「あおもり犬」を代表に青森の郷土作家の作品を中心に展示されています。

三内丸山遺跡に隣接しているので、この遺跡と一緒に楽しむのが王道の観光コースです。

青森県立美術館①
ぽちゃま
ぽちゃま

三内丸山縄文遺跡から発想を得た青木淳氏の設計によるユニークな建物です。

青森県立美術館2
ぽちゃま
ぽちゃま

青森県立美術館の代表作品である奈良美智の「あおもり犬」。

高さ8.5mの大型立体作品です。

これを見るだけでも十分な満足感です。

青森県立美術館3
ぽちゃま
ぽちゃま

青森県立美術館は棟方志功、寺山修司、奈良美智など個性溢れる郷土作家のコレクションが中心ですが、シャガール、マティス、レンブラント、ルドン、ピカソなど世界の有名画家の作品も楽しめます。

この時は美少女の美術史という面白い切り口の企画展が開催されてました。

住所〒038-0021 青森県青森市安田近野185
開館時間09:30-17:00 ※入館は16:30まで
休館日毎月第2、第4月曜日 (この日が祝日の場合は、その翌日)
年末年始
館内改修工事日・展示替えによる日
HPhttp://www.aomori-museum.jp/
電話017-783-3000

十和田市現代美術館

ぽちゃま
ぽちゃま

白い雪の空間にカラフルな現代アートが展示され、作品の印象がより効果的に受ける現代美術館です。

館は個々の展示室を、「アートのための家」として独立させて、それらをガラスの廊下で繋げた面白いつくり。

十和田市の文化芸術活動の支援や交流を促進する拠点です。

十和田市現代美術館1
ぽちゃま
ぽちゃま

雪の中に白い建物、そしてカラフルな作品がとても印象的ですね。

十和田市現代美術館2
ぽちゃま
ぽちゃま

館の向かいにはアート広場があり、ここにもカラフルな「ファット・カー」が展示されていたりします。

十和田市現代美術館3
ぽちゃま
ぽちゃま

そして草間彌生さんの作品も鑑賞する事が出来ます。

雪の会場に作品が映えますね。

十和田市現代美術館4
ぽちゃま
ぽちゃま

屋外スペースにはこんな作品、フライングマン。

住所〒034-0082 青森県十和田市西二番町10−9
開館時間09:00~17:00(最終入館 16:30)
休館日月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)
年末年始
HPhttps://towadaartcenter.com/
電話0176-20-1127

秋田県立美術館

ぽちゃま
ぽちゃま

藤田嗣治氏の作品を多く収蔵する秋田の美術館。秋田の祭りと暮らしを描いた世界最大級の大壁画「秋田の行事」は有名でこの作品鑑賞だけで十分訪問の価値があります。

秋田市内を散歩しながら立ち寄ってもらいたい観光スポットの一つです。

秋田県立美術館1
ぽちゃま
ぽちゃま

設計は世界の安藤忠雄氏。

コンクリートの打ちっぱなしの魅力はここでも健在です。

秋田県立美術館2
ぽちゃま
ぽちゃま

水庭があり映画のスクリーンを見ているかのように、季節の変化を楽しめます。

住所〒010-0001 秋田県秋田市中通1丁目4−2
開館時間10:00-18:00
休館日不定休
HPhttps://www.akita-museum-of-art.jp/index.htm
電話018-853-8686・018-833-5809

山形県立博物館

ぽちゃま
ぽちゃま

山形のなりたちや自然、生き物、農家や武士、町人の暮らしや文化、郷土玩具、岩石・鉱物・化石など、山形に関する様々な実物標本を所蔵している博物館です。

見逃せないのは「縄文の女神」。

国宝に指定されている日本最大の土偶です。

山形県立博物館1
ぽちゃま
ぽちゃま

入口にはヤマガタダイカイギュウの全身骨格模型のオブジェが迎えてくれます。

山形県立博物館2
ぽちゃま
ぽちゃま

そしてこちらが「縄文の女神」。

国宝展でも展示される美しいフォルムの土偶。

土偶好きのマニアの気持ちが少しわかる気がする美しさ。

住所〒990-0826 山形県山形市霞城町1−8
開館時間09:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月28日~1月3日)
HPhttp://www.yamagata-museum.jp/
電話023-645-1111

藤城清治美術館

ぽちゃま
ぽちゃま

那須の自然の中に溶け込む影絵作家である藤城清治の作品を集めた美術館です。

影絵作品やデッサンなど、約200点を常設展示作品が展示されており、大人も子供も十分に楽しめます。

藤城清治美術館1
ぽちゃま
ぽちゃま

藤城清治作品では代表的な猫がお出迎えしてくれます。

藤城清治美術館2
ぽちゃま
ぽちゃま

作品の展示以外にも、チャペルがありステンドガラスでも藤城ワールドが楽しめます。

藤城清治美術館3
ぽちゃま
ぽちゃま

プロジェクションマッピングや影絵劇を再現した回転舞台も公開されています。

藤城清治氏の作品が好きな方には外せない美術館。

家族の那須旅行の一つに訪れてもよいスポット。

住所〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本203
開館時間09:40~16:30
休館日毎週火曜日
HPhttp://fujishiro-seiji-museum.jp/
電話0287-74-2581

水戸芸術館

ぽちゃま
ぽちゃま

水戸市制100周年を記念し開館した音楽、演劇、美術の複合文化施設です。

ジャンルにこだわらず独自の視点に基づいて活動を行っている水戸の芸術の発信基地と言ってもよいでしょう。

水戸芸術館1
ぽちゃま
ぽちゃま

この特徴的な塔を持つ建築物は磯崎新氏の設計です。

水戸芸術館2
ぽちゃま
ぽちゃま

この時は山口晃展。

今、日本を代表するアーティストの一人。

彼のアートは古いのか、新しいのか、細密なのか、粗大なのか。

水戸芸術館3
ぽちゃま
ぽちゃま

電柱が展示されていたりと独自の世界観が楽しめて大満足です。

住所〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1丁目6−8
開館時間09:30~18:00(最終入館 17:30)
休館日月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)
年末年始
HPhttp://www.arttowermito.or.jp/
電話029-227-8111

茨城県近代美術館

ぽちゃま
ぽちゃま

肩ひじを張らずにゆったりと茨城県にゆかりのある作家や西洋絵画を楽しめる美術館。

日本三名園の一つ偕楽園や水戸市千波湖からも近く同時に訪れるのがおすすめの観光コース。

茨城県近代美術館1
ぽちゃま
ぽちゃま

緑青色の銅板葺きの屋根、茶色系の自然石の外壁と周囲の景観に調和した落ち着いた美術館です。

茨城県近代美術館2
ぽちゃま
ぽちゃま

この時にやっていたのは、熊田千佳慕展。

昆虫愛を感じる茨城らしい企画展です。

肩ひじ張らずに楽しめるのがうれしいですね。

住所〒310-0851 茨城県水戸市千波町東久保666−1
開館時間09:00-17:00(最終入館 16:30)
休館日月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)
年末年始(12月29日~1月1日)
HPhttp://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
電話029-243-5111

栃木県立美術館

ぽちゃま
ぽちゃま

日本の近代美術館の先駆けと言える美術館です。

コレクションは栃木県を中心とする国内の近現代美術や フランス、イギリス、ドイツ等西欧の近現代美術作品が中心です。

栃木県立美術館1
ぽちゃま
ぽちゃま

建物の設計は川崎清氏。

近代美術館の先駆けとして開館しただけありバブリーな印象がありますね。

ぽちゃま
ぽちゃま

この時は日本で最初の「洋画家」高橋由一を中心とした日本近代洋画の企画展でした。

美術の教科書や切手なんかで観た事がある方も多いかもしれませんね。

住所〒320-0043 栃木県宇都宮市桜4丁目2−7
開館時間09:30-17:00(最終入館 16:30)
休館日月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)
年末年始
HPhttp://www.art.pref.tochigi.lg.jp/
電話028-621-3566

DIC川村記念美術館

ぽちゃま
ぽちゃま

DIC株式会社が中心に収集してきた美術品が公開されています。

千葉県佐倉市の四季折々の変化が楽しめる自然環境中で、20世紀美術をに主眼を置いた多彩なコレクションが楽しめます。

DIC川村記念美術館2
ぽちゃま
ぽちゃま

建物はモダニズムの代表的建築家である海老原一郎氏のデザインです。

DIC川村記念美術館1
ぽちゃま
ぽちゃま

館内ではレンブラント、モネ、ピカソ、シャガール、カンディンスキー、ロスコなど西洋のオールスターが勢ぞろい。

DICの財力、恐るべしです。

DIC川村記念美術館3
ぽちゃま
ぽちゃま

敷地内には自然散策路と共に立体作品も展示されています。

天気の良い日に散歩をしながら楽しみたいですね。

住所〒285-8505 千葉県佐倉市坂戸631
開館時間10:30 ~16:00 ※入館は15:30まで
休館日月曜日 ※祝日の場合は開館し、翌平日に休館
年末年始
メンテナンス期間
HPhttp://kawamura-museum.dic.co.jp/
電話050-5541-8600

コメント

タイトルとURLをコピーしました