ほろかけ祭り

ほろかけ祭り6ラーメン

「ヨイショ!」の掛け声に合わせてピンクのホロがクルクルと回転する。少年の成長と五穀豊穣を祈う埼玉県指定の無形民俗文化財。


 旅で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。そんな日本のお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を更に豊かにするプランをご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


①旅の始まり 埼玉県 さいたま市 鉄道博物館駅

↓(徒歩2分)

② 埼玉県 埼玉県 さいたま市 鉄道博物館

↓(徒歩12分)

③ 埼玉県 埼玉県 さいたま市 ラーメン

↓(車26分)

④ 埼玉県 川越市 ほろかけ祭り

↓(車10分)

⑤ 旅の終わり 埼玉県 川越市 南古谷駅


①旅の始まり 鉄道博物館駅

ぽちゃま
ぽちゃま

鉄道博物館駅を下車、その名の通り鉄道博物館で沢山の電車を見に行きましょう。

②鉄道博物館

  • 〒330-0852
    埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47
  • 048-651-0088
鉄道博物館1
ぽちゃま
ぽちゃま

早速鉄道博物館に入ると、映画で見たような歴史的な汽車や、

鉄道博物館3
ぽちゃま
ぽちゃま

懐かしの電車たちがこれでもかと展示されています。電車好きのちびっ子たちじゃなくても興奮して鼻血ブーもの。

鉄道博物館2
ぽちゃま
ぽちゃま

電車の中に入ると窓の景色が移り変わる巨大なディスプレイが設置されている車両があったりします。これ、リアルの風景ではないんですよ、まるで動いている電車に乗っているよう。

鉄道博物館4
ぽちゃま
ぽちゃま

もちろん新しい新幹線も展示されています。普段はじっくり見ないですよね。

鉄道博物館5
ぽちゃま
ぽちゃま

車両以外にも、ご覧のような大規模なジオラマや

鉄道博物館6
ぽちゃま
ぽちゃま

全国の駅弁なども紹介されていて電車好きだけでなく、旅好きにも十分楽しめます。

③ラーメン(自家製つけめん 狼煙 〜NOROSHI〜 本店)

  • 〒331-0814
    埼玉県さいたま市北区東大成町1丁目544
  • 048-652-6799
狼煙1
ぽちゃま
ぽちゃま

続いては祭りの前の腹ごしらえ。大宮で評判のつけ麺屋の狼煙さん。

狼煙2
ぽちゃま
ぽちゃま

こちらは「限定B」。麺は太めの固め。チャーシュー、玉子、メンマ、ネギ、ノリなどなどがこれでもかとドンブリに勢ぞろい。更にマヨネーズは無料でトッピングできます。混ぜないで食べた方が色々な味が楽しめておススメです。

④ほろかけ祭り

  • 埼玉県川越市古谷本郷1413周辺 古尾谷八幡神社
  • 049-222-5556 (川越市観光案内所)
  • 9月敬老の日の前日
ほろかけ祭り1
ぽちゃま
ぽちゃま

続いて車で古尾谷八幡神社へ。この日は残念ながら雨ですが、地元の人はしっかりと準備中です。

ほろかけ祭り2
ぽちゃま
ぽちゃま

このピンク色の笠をホロと言います。毎年地元の方々が36本の竹ひごにピンク色の和紙を付けてホロを作っています。

ほろかけ祭り4
ぽちゃま
ぽちゃま

そしてこのホロを背負う子供のことを、ショイッコと言います。

ほろかけ祭り5
ぽちゃま
ぽちゃま

古尾谷八幡神社を出発。子供巫女を先頭に、ショイッコ、囃子屋台が列をなして古尾谷八幡神社のご祭神が御旅所へ向けて巡行する御旅(おたび)が始まります。

ほろかけ祭り6
ぽちゃま
ぽちゃま

ショイッコが背負っている籠の中には、重り石、チリンチリンとなる鈴が入っています。かなりの重量ですね。

ほろかけ祭り7

ぽちゃま
ぽちゃま

御旅の際、ショイッコはお練りを始めます。「ヨイショ!」の掛け声に合わせて左へ右へホロを回転させます。これが微笑ましく、かわいく、美しい。

⑤旅の終わり 南古谷駅

ぽちゃま
ぽちゃま

大宮の名物である鉄道博物館とつけ麺の後に向かったのは、雨にも負けず元気にホロを背負うショイッコに出会うほろかけ祭りです。


ほろかけ祭り

ピンクの紙花の付いた竹ひごを36本束ねて、作ったホロを古谷本郷の上組と下組から2人ずつ選ばれた小学校低学年の男子が背負い神輿の渡御にお供する。一の鳥居を出ると、4人のホロショイッコは、背負いかごの中の鈴を鳴らしながら練り足を踏み、御旅所をめざす。元服式の色合いが強い埼玉県指定の無形民俗文化財。

埼玉県川越市古谷本郷1413周辺 古尾谷八幡神社

9月敬老の日の前日

  • 古尾谷八幡神社
  • 埼玉県川越市古谷本郷1408
タイトルとURLをコピーしました