羽黒山梵天祭り

羽黒山梵天祭り栃木県

五穀豊穣・無病息災を願って、色鮮やかな房を付けた長さ約17mの梵天が上下に振られる。300年以上続く羽黒山神社の例大祭。


 旅で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。そんな日本のお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を更に豊かにするプランをご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


①旅の始まり 栃木県 宇都宮市 宇都宮駅

↓(バス40分、徒歩5分)

② 栃木県 宇都宮市 羽黒山梵天祭り

↓(徒歩5分、バス40分、電車70分)

③ 東京都 台東区 焼肉

↓(徒歩4分)

④ 東京都 台東区 銭湯

↓(徒歩3分)

⑤ 旅の終わり 東京都 台東区 鶯谷駅


①旅の始まり 宇都宮駅

ぽちゃま
ぽちゃま

宇都宮駅を下車、バスと徒歩で今里町へ向かいましょう。

②羽黒山梵天祭り

  • 栃木県宇都宮市今里町 羽黒山神社及び今里町地内
  • 11月下旬
柿の木
ぽちゃま
ぽちゃま

会場付近に到着すると柿がきれいなオレンジ色に色づいています。すっかり秋ですね。

羽黒山梵天祭り1
ぽちゃま
ぽちゃま

地元の若い衆が梵天を担いで通りを練り歩きます。かけ声は「ホイサ、ホイサ」。

羽黒山梵天祭り2
ぽちゃま
ぽちゃま

梵天とは、孟宗竹と真竹を継いだ15メートル程の竿に、和紙やビニールで房がつけられたもの。なかなかのフサフサ感。

羽黒山梵天祭り3
ぽちゃま
ぽちゃま

目の前で振り下ろすとこんな感じ。約4km練り歩くそうです。

羽黒山梵天祭り4
ぽちゃま
ぽちゃま

各地区からの約20本の梵天が担がれます。色も法被も様々です。

③焼肉(鶯谷園)

  • 〒110-0003 東京都台東区根岸1丁目5−15
  • 03-3874-8717
鶯谷園1
ぽちゃま
ぽちゃま

続いては美味しいお肉を頂きましょう。目指すは鶯谷園。超大人気の焼肉屋さん。予約しないと入れないです。

鶯谷園2
ぽちゃま
ぽちゃま

たまごをつけて頂くカルビ。美味しいに決まっています。

鶯谷園3
ぽちゃま
ぽちゃま

こちらは焼ユッケ。肉の食べ方が完成されています。何を食べても必ず美味しいが
決まっている焼肉屋さんです。

③銭湯(萩の湯)

  • 〒110-0003 東京都台東区根岸2丁目13−13
  • 03-3872-7669
萩の湯1
ぽちゃま
ぽちゃま

お腹いっぱいになったらゆっく湯につかりましょう。萩の湯さんは銭湯価格なのに、露天や電気風呂、水風呂、炭酸泉風呂と充実のラインナップ。

萩の湯2
ぽちゃま
ぽちゃま

食事所もとっても綺麗。もはやスーパー銭湯ですよ。

④旅の終わり 鶯谷駅

ぽちゃま
ぽちゃま

栃木の元気溢れる梵天を見た後においっしい焼肉を頂き、グレードの高い銭湯で更に元気になれる羽黒山梵天祭りの旅です。


羽黒山梵天祭り

 収穫を感謝する行事として300年以上の歴史をもつ羽黒山神社の秋の例大祭。五穀豊穣・無病息災などを願い、孟宗竹(もうそうちく)と真竹(まだけ)をつないで色鮮やかな房を付けた長さ約17mの梵天を法被姿の若者たちが羽黒山の麓から山頂の神社までかつぎ、威勢のいい掛け声とともに上下に振りながら練り歩く。道路脇には、名物の柚子(ゆず)を売る露店などがならぶ。

栃木県宇都宮市今里町 羽黒山神社及び今里町地内

11月下旬

  • 上河内地区市民センター
  • TEL:028-674-3131
タイトルとURLをコピーしました