だるま市

だるま市3 そば
フォローしていただけるとブログを見逃しませんし、私も元気になります。

東京に春を呼ぶ深大寺の恒例行事。大小様々なだるま店が出店し、多くの参詣者が願いを込める。


 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


おススメプラン

①旅の始まり 東京都 三鷹市 三鷹駅

↓(バス20分、徒歩6分)

② 東京都 調布市 だるま市

↓(徒歩1分)

③ 東京都 調布市 鬼太郎茶屋

↓(徒歩3分)

④ 東京都 調布市 そば

↓(徒歩7分)

⑤ 東京都 調布市 深大寺天然温泉 湯守の里

↓(送迎バス8分)

⑥旅の終わり 東京都 調布市 調布駅


①旅の始まり 三鷹駅

 三鷹駅を下車、バスで深大寺へ向かいましょう。3月3・4日は恒例行事のだるま市が開催されています。

②だるま市

  • 〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5丁目15−1
  • 3月3・4日
だるま市1
バスを下車、徒歩で歩くと
恵比寿様と大黒天様に
迎えて頂けます。笑顔が素敵です。
だるま市2
門から既にだるまでいっぱい。
だるま市3
だるまには丁寧に
ビニールで覆われています。
だるま市4
大小様々なだるまが
販売されています。
だるま市5
こんな感じに通路の両側に
だるまが並べられています。
だるま市6
もちろんまだ目入れがされていません。
だるま市7
どこで目入れをされるかというと
この元三大師堂前の特設『だるま目入れ所』。
だるま市8
黒く塗るのではなくて、
「阿」と「吽」を書くんですね。
だるま市9
このように僧侶が丁寧に
目入れをしてくれます。
ちなみにこの梵字をいれるのは
深大寺独特のものです。
だるま市10
今年はコロナウイルスが
蔓延しているので
こんなポスターも。…沁みますね。
だるま市11
ちなみにこの深大寺には御堂や
観音様など見どころがいっぱい。
だるま市12
こちらは延命観音。

③鬼太郎茶屋

  • 〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5丁目12−8
  • 営業時間:10:00-17:00
  • 定休日:月曜日
  • 042-482-4059

 だるま市を楽しんだら美味しいおそばを頂きに行きましょう。

 と、向かう途中には鬼太郎茶屋が。鬼太郎とねずみ男の等身大が。思わずスマホでパチリ。

 中は水木しげる先生の作品と、

 グッズがずらりと販売されています。

④そば(湧水)

  • 〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5丁目9−1
  • 営業時間:月・火・水・金 10:30-18:00  土・日 10:30-19:00
  • 定休日:木曜日
  • 042-498-1323

 ゆっくりと深大寺通りを歩くと目的のおそば屋、湧水さんに到着。


 深大寺とおそばはセットと言っても良いくらいおそば屋さんが多いですが、この湧水さんの人気は抜群。

 国産石臼挽きそば粉を使用した手打ちそば。そばを打っている様子は目の前で見ることができます。

 オーダーしたのは上天もり。そばはしっかり香りがして、てんぷらはサクサク&大きなエビで大満足です。

⑤深大寺天然温泉 湯守の里

  • 〒182-0017 東京都調布市深大寺元町2丁目12−2
  • 営業時間:10:00-21:00
  • 042-499-7777

 お腹が大満足になったら温泉にゆっくり浸かりましょう。歩いて向かうは湯守の里さん。

 ここのお湯は漆黒の黒湯。「フミン酸」という有機物が含まれているため。塩素も最小限に抑えられているんだそうです。

 黒湯以外に備長炭水風呂、五右衛門風呂、サウナと充実のラインナップ。お休み処も完ぺきです。

 調布駅までは送迎バスもあります。

⑥旅の終わり 調布駅

 大小様々なだるまがそろう市を楽しんだ後には、大満足のおそばと温泉を十分に楽しめるだるま市のまつりとりっぷです。


≪祭情報≫

[名称]

厄除元三大師大祭・だるま市

[概要]

「日本三大だるま市」の1つ。寺の境内に大小約300余の縁起だるま店を中心とした店が並び、それを買い求める参詣者で身動きがとれないほど賑わう。最大の見どころは3日、4日のそれぞれ午後2時に行われる「お練り行列」であるが、2021年は残念ながらコロナウイルスの影響を受け中止となった。深大寺の諸行事の中で最大の行事。

[開催場所]

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5丁目15−1

[時期]

3月3・4日

[問合せ]

  • 深大寺
  • 〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5丁目15−1
  • TEL:042-486-5511

参考

フォローしていただけるとブログを見逃しませんし、私も元気になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました