秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり4うどん

秋田の夜空を灯す稲穂の数々。最終日は限界まで挑戦する竿燈妙技。


 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


おススメプラン

①旅の始まり 秋田県 秋田市 秋田駅

↓(徒歩3分)

② 秋田県 秋田市 うどん

↓(徒歩9分)

③ 秋田県 秋田市 秋田県立美術館

↓(徒歩9分)

④ 秋田県 秋田市 秋田竿燈まつり

↓(徒歩15分)

⑤ 旅の終わり 秋田県 秋田市 秋田駅


①旅の始まり 秋田駅

秋田駅
ぽちゃま
ぽちゃま

秋田駅を下車、秋田竿燈まつり会場まで歩いて向かいましょう。駅も竿燈で飾られています。テンションが上がりますね。

②うどん(八代目 佐藤養助 秋田店)

  • 〒010-8505
    秋田県秋田市中通2丁目6−1 西武秋田店
  • 018-834-1720
ホヤ
ぽちゃま
ぽちゃま

まずは秋田を代表する美味しいうどん屋さんでゆっくりと昼ごはん。酒飲みにはたまらないホヤとビールで勢いが着いたら。

うどん
ぽちゃま
ぽちゃま

秋田の宝、稲庭うどん。細めのうどんはコシも味もしっかりあって永遠に食べられる気がします。

③秋田県立美術館

  • 〒010-0001
    秋田県秋田市中通1丁目4−2
  • 018-853-8686
蓮の花
ぽちゃま
ぽちゃま

お腹が満足したら更に歩いて秋田県立美術館を目指しましょう。この時期の千秋公園の堀では蓮の花がいっぱいあってとっても綺麗です。花を愛でながらゆっくり歩きましょう。

秋田県立美術館
ぽちゃま
ぽちゃま

この美術館では藤田嗣治の大壁画「秋田の行事」が常設されています。そしてこの大作には秋田竿燈まつりも描かれているのでお祭りを楽しむ前に立ち寄ってほしいスポット。この作品を見るだけで大満足なはず。

④秋田竿燈まつり

  • 秋田県秋田市中心部
  • 8月3日から6日
秋田竿燈まつり1
ぽちゃま
ぽちゃま

そして秋田竿燈まつり。お祭りのメインは竿燈が美しく灯る夜ですが、竿燈演技や囃子方の技術を向上させるために昼間から竿燈妙技会を開催しています。

秋田竿燈まつり2
ぽちゃま
ぽちゃま

確かに昼の方が演技や囃子はしっかり楽しめます。観覧者も大勢集まっています。技や豆知識を頭に入れて夜の本番に挑むと楽しさも倍増!!

秋田竿燈まつり3
ぽちゃま
ぽちゃま

いよいよ夜竿燈。出番を待つ竿燈の明かりが灯って美しいです。

秋田竿燈まつり4
ぽちゃま
ぽちゃま

妙技には「流し、平手、額、肩、腰」の五つの基本技があり、腰が一番修練が必要で
派手な技。ヒーローの技って感じですね。

ぽちゃま
ぽちゃま

掛け声は「ドッコイショー ドッコイショ」。うん、なんかイメージにぴったりの掛け声。

秋田竿燈まつり5
ぽちゃま
ぽちゃま

竿燈全体を稲穂に、連なる提灯を米俵に見立てています。五穀豊穣を願うお祭り。お米とお酒が美味しいわけだ。

秋田竿燈まつり6
ぽちゃま
ぽちゃま

神輿と竿燈の共演。これだけ沢山あると見ごたえがあります。

ぽちゃま
ぽちゃま

最終日は出来るだけ竿を長くして限界まで演技が行われます。そしてついに竿が…。

④旅の終わり 秋田駅

ぽちゃま
ぽちゃま

秋田の宝である美味しいうどんと絵画の大作を楽しんだ後に目の前にするのは、限界ギリギリまで妙技に挑戦する秋田竿燈まつりです。


≪祭情報≫

[名称]

秋田竿燈まつり

[概要]

稲穂に見立てた竿燈を操りながら力と技を競うまつり。竿燈演技や囃子方の技術を向上させるために開催する昼竿燈(竿燈妙技会)とメインの夜竿燈がある。竿燈国重要無形民俗文化財に指定され、東北三大まつりのひとつにも数えられている。夜竿燈では、280本もの竿燈が大通りに集まり「ドッコイショー、ドッコイショー」の掛け声が響くなか、差し手たちは「流し、平手、額、肩、腰」の妙技を実演する。

[開催場所]

秋田県秋田市中心部

[時期]

8月3日から6日

[問合せ]

  • 秋田市竿燈まつり実行委員会事務局<秋田市観光振興課内>
  • 〒010-8560
    秋田県秋田市山王一丁目1-1
  • TEL:018-888-5602
  • FAX:018-888-5603
  • Mail:akita@kantou.gr.jp

タイトルとURLをコピーしました