会津彼岸獅子1

会津彼岸獅子

春の彼岸入りに、三体の獅子が豊作と家内安全を祈りながら舞う。


 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を更に豊かにするプランをご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


おススメ旅行プラン

①旅の始まり 福島県 会津若松市 七日町駅

↓(徒歩12分)

②福島県 会津若松市 末廣酒造

↓(徒歩5分)

③福島県 会津若松市 野口英世青春館

↓(徒歩2分)

④福島県 会津若松市 会津彼岸獅子

↓(バス3分、徒歩11分)

⑤福島県 会津若松市 鶴ヶ城

↓(徒歩15分)

⑥福島県 会津若松市 会津若松市役所 本庁舎

↓(徒歩2分)

⑦福島県 会津若松市 うまにラーメン

↓(車8分)

⑧旅の終わり 福島県 会津若松市 七日町駅


①旅の始まり 七日町

 福島県会津若松市の七日駅を下車、福島と言えば美味しいお酒ですね。末廣酒造へ向かいましょう。

末廣酒造

  • 〒965-0861
    福島県会津若松市日新町12−38
  • 0242-27-0002
末廣
杉玉が吊るされているので、
新酒が出来ていますね。
蔵の見学もできるので、
美味しい日本酒を楽しみましょう。

野口英世青春館

  • 〒965-0878
    福島県会津若松市中町4−18
  • 0242-27-3750
英世青春館
続いて歩いて野口英世青春館を
目指しましょう。
野口英世が手の手術を
受けた病院だそうで今は
一階は喫茶店、
二階は資料館になってます。

会津彼岸獅子

  • 福島県会津若松市 鶴ヶ城、阿弥陀寺、ほか市内各所
  • 3月20日(春分の日)
会津彼岸獅子1
更に歩いてすぐ、
福島に本社を置くスーパー
「リオン・ドール」を目指しましょう。
このお店の前で会津彼岸獅子の舞が
披露されます。
会津彼岸獅子2
豊作と家内安全を祈り。
春を訪れを喜び合う伝統行事。
会津彼岸獅子3
この舞いには子供も出演します。
獅子が子供を喰おうとしますが、
結局一緒に遊んで
喰わずに山へ帰る物語。

鶴ヶ城

  • 〒965-0873
    福島県会津若松市追手町1−1
  • 0242-27-4005
鶴ヶ城
続いてバスで鶴ヶ城へ
向かいましょう。
難攻不落の名城です。
天守閣へ入場もできます。

会津若松市役所 本庁舎

  • 〒965-8601
    福島県会津若松市東栄町3−46
  • 0242-39-1111
市役所
夕食を頂きに栄町へ
てくてく歩いていきましょう。
目的のラーメン屋さんの
近くには会津若松市役所が。
綺麗な洋館ですね。

⑦うまにラーメン(くるくる軒)

  • 〒965-0871
    福島県会津若松市栄町2−7
  • 0242-24-9050
うまにラーメン
ラストはラーメンくるくる軒さん。
ここで抑えたいのは、
うまにらーめん。
トロッとしたあんかけが
熱々でおススメ。

⑧旅の終わり 七日町

 会津若松の歴史・食・酒などの観光を十分に楽しみながら、春の訪れを感じたのは、豊作と家内安全を祈る会津彼岸獅子でした。


≪祭情報≫

[名称]

会津彼岸獅子

[概要]

春の彼岸入りに、三体の獅子が笛と太鼓の音色に合わせて、舞を披露しながら鶴ヶ城、阿弥陀寺など市内各所を練り歩く。豊作と家内安全を祈り、春の訪れを喜び合う会津の伝統行事。お盆などにお墓やお寺などで祖先の供養として踊ったと言われており、春の彼岸の時期に舞われることから「彼岸獅子」と呼ぶようになった。戊辰戦争の際には包囲された鶴ヶ城へ戦わずして入場するため奇策としても活用された。

[開催場所]

福島県会津若松市 鶴ヶ城、阿弥陀寺、ほか市内各所

[時期]

3月20日(春分の日)

[問合せ]

  • 会津まつり協会
  • 〒965-0042
    福島県会津若松市大町1-7-3
  • TEL:0242-23-4141

参考