2020年まとめ 青森のまつり編

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を更に豊かにするプランをご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


 このブログを読んでくださった方が、都道府県ごとに祭を検索してその祭りと旅を実際に楽しんで頂くために、今回は「2020年まとめ 青森のまつり編」をご紹介いたします。

青森ねぶた祭

跳人(ハネト)のラッセラーのかけ声と囃子(ハヤシ)の音に合わせて大迫力、5mのねぶたが青森市内中心部を運行する。

aomorinebuta (6)

≪祭情報≫

[名称]

青森ねぶた祭

[概要]

「ねぶた」と呼ばれる歌舞伎や神話を題材にした5mほどの色鮮やかな山車が青森市中心部を運行する。シャンシャンと鳴り響く「囃子(はやし)」と共に花笠に色鮮やかな浴衣姿の「跳人(ハネト)」と呼ばれる踊り子たちが「ラッセラー、ラッセラー」と掛け声を上げながら踊り歩く。日本が誇る夏の祭の一つ。

[開催場所]

青森県青森市中心部

[時期]

8月2~7日

[問合せ]

  • 青森ねぶた祭実行委員会
  • 〒030-0801
    青森市新町1-2-18 青森商工会議所会館4F
  • TEL:017-723-7211
  • FAX:017-723-7215

弘前ねぷたまつり

「ヤーヤドー」の掛け声とともに扇ねぷたが街を練り歩く。

弘前ねぷた2

≪祭情報≫

[名称]

弘前ねぷたまつり

[概要]

「ヤーヤドー」の掛け声と共に扇や人形の形をした約60台のねぷたが弘前市内を練り歩く。交差点付近ではねぷたを回転させたり集団演技・舞が披露され、祭りをより一層盛り上げる。ねぷたの表絵には中国の「三国志」や「水滸伝」を題材とした鏡絵と呼ばれる勇壮で色鮮やかな武者絵が描かれ、その裏側には見送り絵と呼ばれる妖艶な美人画や幽霊画が描かれる。青森ねぶたは凱旋ねぶたと言われ賑やかで豪壮である一方、弘前ねぷたは出陣ねぶたと言われ力強く、哀切に満ちている。

[開催場所]

青森県弘前市中心部

[時期]

8月1日 ~7日

[問合せ]

  • 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会
  • 〒036-8588
    青森県弘前市大字下白銀町2-1 弘前市立観光館内
  • TEL:0172-35-3131 (弘前観光コンベンション協会代表番号)
  • FAX:0172-35-3132

立佞武多祭り

高さが20mを超える巨大な山車が街を運行。立佞武多の圧倒的な存在感。

立佞武多5

≪祭情報≫

[名称]

立佞武多祭り

[概要]

「青森のねぶた」と「弘前ねぷた」と並ぶ青森三大佞武多の一つで、「ヤッテマレ!ヤッテマレ!」の掛け声のもと、高さ23メートル、総重量19トンほどの山車が五所川原市街地を練り歩く。その圧倒的迫力で沿道の観客を魅了する。

[開催場所]

青森県五所川原市中心部

[時期]

8月4日~8月8日

[問合せ]

  • 一般社団法人五所川原市観光協会
  • 〒037-0063
    青森県五所川原市字大町38番地
  • TEL:0173-38-1515
  • FAX:0173-26-6626
  • 立佞武多の館
  • 〒037-0063
    青森県五所川原市大町506-10
  • TEL:0173-38-3232(代表)
  • FAX:0173-38-4646お問合せ

 以上、「2020年まとめ 青森のまつり編」でした。他都道府県のお祭りも今後掲載していく予定です。どうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA