大原はだか祭り6

大原はだか祭り

「汐ふみ」の勇壮豪快、太平洋の大海原に神輿が入る。海の男たちの五穀豊穣・大漁祈願。


 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を更に豊かにするプランをご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


おススメ旅行プラン

①旅の始まり 千葉県 いすみ市 大原駅

↓(徒歩15分)

②千葉県 いすみ市  定食

↓(徒歩10分)

③ 千葉県 いすみ市  大原はだか祭り

↓(徒歩20分、電車26分、バス32分、徒歩4分)

④千葉県 長生郡 温泉

↓(徒歩4分、バス32分)

⑤ 旅の終わり 茂原市 茂原駅


①旅の始まり 大原駅

 大原駅を下車、ゆっくり歩いて大原漁港方面へ向かいましょう。

②定食(船頭の台所

  • 〒298-0004 千葉県いすみ市大原10134−20
  • 0470-62-0351
船頭の台所1
まずは港町なので美味しいお魚を
頂ける定食を食べましょう。
その名も「船頭の台所」。
船頭の台所2
港町なので当然刺身定食や煮付定食は
抜群においしいですが、
ここでぜひ押さえて欲しいのは
「いわし天・いかなめろう天定食」。
熱々に揚げられたいかなめろうと
いわしは香りまで抜群に美味しいです。

③大原はだか祭り

  • 千葉県大原市中心部
  • 9月20日・21日
大原はだか祭り1
大原漁港へ向かう途中、
街はピンクの提灯で
装飾されています。
少しづつテンションが
上がってきますね。
大原はだか祭り2
大原漁港に到着すると、
漁船は大漁旗で
飾られています。
海の街の祭りですね。
大原はだか祭り3
漁港に向かって
神輿が向かいます。
大原はだか祭り4
大原漁港に若衆たちが大集合。
ピンクに黄色、赤と
カラフルな出で立ち。
勇ましく神輿が
大原漁港を出発。
向かうは海岸。
大原はだか祭り5
この祭りの見所″汐ふみ″
神輿が海へとかつぎこまれ、
もみあいが始まります。
大原はだか祭り7
勇ましく、雄々しく、
若衆たちと神輿が
海の中へ入ります。
大原はだか祭り6
少しづつ沖へ向かい。
そして陸へあがってくると…。
大原はだか祭り8
神輿を天高く上げます。
完全に宙に浮くほどの激しさ。

むつざわ温泉 つどいの湯

  • 〒299-4413 千葉県長生郡睦沢町上之郷2012−1
  • 0475-36-7400
むつざわ温泉1
帰りに汗を流して帰りましょう。
電車とバスで到着したのは
むつざわ温泉 つどいの湯。
むつざわ温泉2
とってもきれいな施設で
露店風呂やサウナを備えた
天然温泉に加え、カフェや
むつざわ温泉3
地元の新鮮な野菜などが
買える道の駅が併設しています。
お風呂の後にお土産の
購入も良いですね。
しその実&ウインナー
千葉ならではの食材が安価で購入できます。
いも豚ウインナーやしその実。
珍しい食材ですね。

⑤旅の終わり 茂原駅

 大原漁師町で美味しい定食と汐ふみを楽しんだ後には、サッパリと温泉で汗を流して旅を終える大原はだか祭りです。


≪祭情報≫

[名称]

大原はだか祭り

[概要]

大原地区の神輿十社は親神(おやがみ)である鹿島神社に参集し、法楽を施行し、午後大原漁港に向う。東海・浪花両地区の神輿もそれぞれ地区の行事後大原漁港へ集結。十八社がそろって五穀豊穣・大漁祈願ののち怒濤の中で神輿が数社もみあう「汐ふみ」の行事にうつる。夕闇のせまる頃、花火を合図に大原小学校校庭に集まり、神輿を高く上げて別れを惜しむ「大別れ式」が行われる。

[開催場所]

千葉県大原市中心部

[時期]

9月20日・21日

[問合せ]

  • いすみ市役所 オリンピック・観光課
  • 〒298-8501
    千葉県いすみ市大原7400-1
  • TEL:0470-62-1111(代表)
  • FAX0470-63-1252

参考