「青春18きっぷ」は「大人の贅沢切符」②

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を更に豊かにするプランをご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


 前回は、電車での『贅沢で、豊かな時間の過ごし方』を2つご紹介しました(前回のブログはこちら)。

  • ゆっくりとこれからの旅のプランを計画しよう。
  • 読みたかった本や見逃した映画を見よう。

 『贅沢で、豊かな時間の過ごし方』はまだまだあるので今回も更にご紹介します。

せっかくの旅だから、『贅沢で、豊かな時間を過ごそう』

③電車でしか食べられない「駅弁」を楽しもう。お酒が飲めるとなお良し。

 7~9時間かけて電車で移動すると当然お腹はすきます。青春18きっぷの利用を想定しているので、途中下車して地の美味しい物を楽しむのもありですが、当然その間は移動距離が伸びません。また、目的地に着いて十分に遊ぶ時間が確保できないなんて残念な事があります。そこでぜひ駅弁を買い込んで電車で移り変わる景色を眺めながら、旅を楽しみましょう。
 駅弁はその土地の美味しい物を少しづつ、種類豊富に集めたものが多いので、十分に旅行をしている感、特別感を楽しむことができます。乗換で降りるターミナル駅には大抵多くの駅弁が販売されているので、ぜひあなたのお好きな駅弁を探してみてください。
 更にお酒を飲める方は駅弁と一緒にお酒を楽しむとより幸せな時間を過ごす事ができます。車移動では決してできない特権ですね。当然、電車には一般の方も乗っていますので周りの方に迷惑をかけないように注意しましょう。(駅弁の匂いも周りの人に迷惑にならないように)。お酒が好きな方はトイレも要注意です(くれぐれも乗り換え駅のトイレで次の電車を逃してしまわないように)。

 今後、駅弁についてもこのブログで触れて行きたいと思います。お楽しみに。

18きっぷ2

④旅の思い出を整理しましょう。

 楽しい思い出の記録として写真はバシバシ撮りたいですよね。そして同じような写真をアングルを変えて何度も何度も撮ってしまうもの。それはそれで楽しい思い出作りなのですが、後になって整理するのがとっても面倒。写真を撮る時は気持ちが上がっていて、色んなアングルやバージョンで写真を撮るのですが、時間が経って、後で見直すと同じ写真ばかりに見えてどれがベストショットかもわからない。そのまま大量の写真を旅のパートナーにシェアするのも、もらう方は迷惑だろうし。後日の写真整理が面倒になってそのまま塩漬けなんてこともあるのではないでしょうか。

 そんなせっかくの思い出の写真を無駄にしないように、電車の移動中に整理を済ませてしまいましょう。先程撮影したばかりなので、撮影した順番もしっかり記憶に残って、ベストショットも簡単に見つけられるはず。この作業をしているとあっという間に、次の目的地に到着してしまいます。ここでも「もう少しゆっくり電車進まないかなぁ」等と感じるはず。そしてそんな写真の整理をする上でおすすめは2つ。

  1. 撮影した写真をDropbox、box、onedriveなどのオンラインストレージサービスを利用して、旅のパートナーとタイムリーにシェアしましょう。その場でパートナーに「ここに写真入れておいたよ」と伝えると旅の会話も更にはずみます。(オンラインストレージサービスについての活用の方法は後日ご紹介します)。
  2. 大量の写真は惜しみなく思いっきり消しましょう。オンラインストレージサービスは無料プランだと容量に限界がありますし、大量の写真があると後で見直すことが逆に面倒になります。バシバシ撮って、渾身の1枚以外はバシバシ削除しましょう。

⑤疲れたら、無理をせずに寝ましょう。

 これまで電車での『贅沢で、豊かな時間の過ごし方』として5つご紹介してきました。お気づきの通り、これだけの事をやると時間があっという間に過ぎて逆に時間が足りない位です。
 しかしせっかくの楽しい旅、ご紹介した時間の過ごし方がずっと楽しい行為であるなら良いですが、義務感満載の「仕事」になってしまっては何のための旅なのか、目的が分からなくなってしまいます。おいしい駅弁を堪能し(お酒が飲める方は更にほろ酔い?)、朝早く起きた自分の健康管理のためにも眠くなったら、自分の身体が求めるままにしっかり寝ましょう。置き引きや電車の乗り遅れには十分注意です。できればパートナーと順番に寝るのが良いかもしれません。

 次回は、「青春18きっぷ」は「大人の贅沢切符」の最後。青春18きっぷを活用するべきその他の理由や裏技(小技)をご紹介します(次回のブログはこちら)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA