地の食をわがままに楽しもう⑧ 洋食厳選5店

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を更に豊かにするプランをご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


 まつりとりっぷをする上で、地元の美味しい食に出会い楽しむ事は実に幸せで豊かな時間。今までこのブログでは、まつりとりっぷの勝手な判断基準でうなぎラーメンお寿司丼ぶりそばの厳選5店をご紹介してきましたが今回は洋食です。時を重ねた老舗のお店でそのお店の顔をなる定番料理をゆっくりと楽しむ。フレンチやイタリヤ料理とも異なるレトロな雰囲気の中で、美味しい料理を楽しむのは旅のよい思い出となりますよね。それではまつりとりっぷが勝手におすすめする洋食の厳選5店!

洋食厳選5店:カフェレストラン レッケル

  • 〒850-0921
    長崎県長崎市松が枝町3−7 ヴィクトリアピーク松ヶ枝1F
  • 095-823-7974

 長崎のご当地グルメであるトルコライスで有名なレストラン。トルコライスとは一皿にトンカツ、ピラフ、スパゲッティ一つの皿に盛りつけられた洋風料理で ピラフは、ドライカレー(カレーチャーハン、カレーピラフ)が主流だがチャーハンなこともある。スパゲティはナポリタンが多く、ドミグラスソースやカレーソースなどがかけられる。ここのトルコライスはその王道をいくトルコライスでカレーピラフに トンカツで厚さ・揚げ具合はベスト。そえられたスパゲティもザ・ナポリタンです。今まで食べたことがない方はここのトルコライスを基準にして食べ比べて欲しい。  

トンカツ、ピラフ、スパゲッティ一で
誰もが王様になれる洋食。
食べ盛りではない方も
元気モリモリで頂きましょう。

洋食厳選5店:北極星 心斎橋本店

  • 〒542-0086
    大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目7−27
  • 06-6211-7829

 オムライスをこの世に生み出した100年以上続く老舗の洋食屋さん。建物は料亭かと思うほど立派な数寄屋風で、日本庭園を臨む畳敷きの部屋でオムライスを頂くことが出来る。店主が、タマネギを炒めてケチャップライスを作り、それを薄焼き卵で包んだものを特製メニューとして出したのがはじまり。おススメはチキンオムライスセットでエビフライが3本ついて提供されます。チキンライスの味付け、チキンの柔らかさ、玉子のふわとろ感は絶妙の一品です。

黒いお皿は、卵の黄色とソースの赤を
引き立てるため。エビフライを
一口かじりながらオムライスを頂く幸せ。
できればビールでかき込んでほしい。

洋食厳選5店:たいめいけん

  • 〒103-0027
    東京都中央区日本橋1丁目12−10
  • 03-3271-2465

 昭和6年創業。故・伊丹十三監督が愛した『タンポポオムライス』で有名な日本橋の老舗洋食屋さん。オムレツはふわとろで真ん中からナイフで切るとトロッと半熟卵が顔を出す絶妙な火加減。1階は豊富な洋食メニューを提供するカジュアルな洋食屋で2階は小皿料理が名物の本格的な洋食レストラン。オムレツはふわとろで真ん中からナイフで切るとトロッと半熟卵が顔を出す絶妙な火加減。

TVで見た人もいるはず。
真ん中からナイフを入れると…。
トロッと半熟卵がチキンライスに
覆いかぶさります。

洋食厳選5店:銀座 銀之塔

  • 〒104-0061
    東京都中央区銀座4丁目13−6
  • 03-3541-63

 銀座にある30年来の老舗。歌舞伎座からすぐ近くにあるため歌舞伎役者も好んでこのお店を選んでいる。メニューは、ビーフシチューかグラタンと限られている。シチューは手間をかけて丁寧にアクを取り何時間も煮込んでいるため、お肉が箸で切れる程やわらかく、コクがあるのにしつこくないすっきりとした味。パンではなく、ご飯と小鉢2品、お漬け物が添えられた、あくまで「和」な味わいのシチューを貫いておりテーブルにはグツグツ煮立った土鍋で提供される。

シチュー&グラタンが同時に味わえる
ミニセットがおススメ。
グラタンはエビ、椎茸が入って
パルメザンチーズがたっぷり。
そして本命のビーフシチュー。
土鍋に入ったビーフシチューで
完全に「和」の洋食。
日本人に合った工夫に頭が下がります。
グラタンとシチューに小鉢2品、
お漬物、ご飯がつきます。
お箸で頂く日本人にはありがたい
シチューセット。

洋食厳選5店:芳味亭 人形町本店

  • 〒103-0013
    東京都中央区日本橋人形町2丁目3−4
  • 03-3666-5687

 

 昭和8年、横浜のホテルニューグランドで洋食を学んだ近藤重晴が人形町に開業した洋食屋さん。下町っこと明治座の役者や俳優、花街の芸者等に愛され、現在では洋食好きが通い続ける人形町を代表する老舗店。現在は5代目がフライパンを握る。絶品のビーフスチュー(「シ」チューではなく「ス」チュー)がオススメだが、今回は夏の暑い時期にサッパリとかつ、スタミナがつく期間限定の檸檬(レモン)ソースハンバーグを頂いて欲しい。

レモンのスライスと果肉がのった
夏に持ってこいのさっぱりな、
一方で肉のうまみは
しっかりと味わえるハンバーグ。
ミョウガの揚げ物もついて
サッパリ感がプラス。

  以上、まつりとりっぷの独断で決めた洋食厳選5店でした。元々は西洋の食材・料理をしっかりと日本人の好みに改良し、新たなジャンルとして確立した洋食。その積み重ねてきた技術と歴史を感じながらお店の名物料理を頂く。旅の楽しみをより一層高めてくれますね。今回は東京の老舗店が中心となりましたがまだまだたくさんの名店が日本にはありますので、今後もご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA