小さな神社・仏閣 銀座・築地編

忙しい人の味方
フォローしていただけるとブログを見逃しませんし、私も元気になります。

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。

 あなたの家の周りには小さすぎて普段なかなか気づかない、でもそう言えば確かにある神社仏閣はありませんか?お花やお水がしっかり供えられて地元の人に大事にされている神社・仏閣は実はポツポツあるもの。今回はまつりとりっぷ流、旅の途中で見つけたらぜひお参りしてほしい小さな神社・仏閣をご紹介します。このブログであなたの旅がもっと豊かに、思い出深いものになれば嬉しいです。

小さな神社・仏閣:歌舞伎稲荷神社

歌舞伎座に馴染みながら鎮座する神社。大入りや安全を祈願して祀られたもので今でも歌舞伎俳優や劇場関係者がお参りするそうです。

御朱印は、歌舞伎座タワー5階にある「お土産処楽座」で手に入れることもできます。

≪歌舞伎稲荷神社≫

  • 〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目12

小さな神社・仏閣:新富稲荷神社

歌舞伎の新富座芝居町跡に鎮座する小さな神社。新富座との縁が強く、七代目坂東三津五郎奉納の手水舎もあります。

今では住宅の中にポツンと鎮座している小さな神社ですが、

定期的に地元の方が清掃している様子。

銀座から築地に向かう機会があったらぜひ立ち寄ってみましょう。

≪新富稲荷神社≫

  • 〒104-0041 東京都中央区新富2丁目9−5

小さな神社・仏閣:新富復興稲荷社

こちらも銀座から築地に向かう途中に鎮座している神社。

かなりコンパクトなサイズでしっかり探さないと気付かない程。

関東大震災の復興に伴って建てられたようです。だから「復興」なんですね。

過去には小さいながらも鳥居があったようです。

≪新富復興稲荷社≫

  • 〒104-0041 東京都中央区新富1丁目4−8

小さな神社・仏閣:佃天台地藏尊

つくだ煮の発祥の地にある、知る人ぞ知る隠れ地蔵尊。

ここが入口?というか入っていいの?と思うほどの狭い路地を入ります。

若干、悪いことをしているかのような心持。いえいえ、堂々と入りましょう。

入口には大きな銀杏の木が。

お花、お水がきれいに供えられています。地元に愛されている地蔵尊ですね。

石にはこのような地蔵様が。なかなかニッチな場所にあるので見つけられるとよりありがたみを感じます。

ちなみに通路の逆側はこんな感じ。地元の方じゃないとなかなか気づかないです。

≪佃天台地藏尊≫

  • 〒104-0051 東京都中央区佃1丁目9−6

小さな神社・仏閣:波除於咲稲荷大明神 & 於咲稲荷神社

佃にはまだ他にも小さい神社があります。

入口(鳥居)は一つあり、

左は波除於咲稲荷大明神、

右には於咲稲荷神社。

並んで構えている神社って珍しですね。

こちらは「さし石」。この石を持ち上げることを「さす」と言うんだそうで、佃の漁業従事者がこの石を持って力比べをしたことによるそうです。今は触ることもNGです。

≪波除於咲稲荷大明神 & 於咲稲荷神社≫

  • 〒104-0051 東京都中央区佃1丁目8−4

以上、小さな神社・仏閣 銀座・築地編でした。注意して旅をすると以外に小さな神社って多いもの。これからも定期的にご紹介する予定ですので、どうぞお楽しみに。

フォローしていただけるとブログを見逃しませんし、私も元気になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました