小さな神社・仏閣 東京中央区八丁堀・新富町編

神社仏閣を旅する

 あなたの家の周りには小さすぎて普段なかなか気づかない、でもそう言えば確かにある神社仏閣はありませんか?旅の途中で見つけたらぜひお参りしてほしい小さな神社・仏閣をご紹介します。

小さな神社・仏閣:汐見地蔵尊

まず最初にご紹介するのは汐見地蔵尊。言い伝えではこのあたりから歯牙と歯骨、石像が発見されたらしくそれからは歯の神様、として広く信仰されています。

汐見地蔵尊1

民家風のいで立ちでこじんまりとしていますが、植物に囲まれながら手入れが行き届いています。

汐見地蔵尊2

歯牙と歯骨のこと以外にも富岡八幡宮祭礼日に起こった永代橋の崩落事故についても縁起がされています。しっかりとお祈りをしましょう。

≪汐見地蔵尊≫

  • 〒104-0043 東京都中央区湊3丁目18−22

小さな神社・仏閣:新富消防地蔵尊

続いてご紹介するのは新富消防地蔵尊。火事で犠牲になった方の鎮魂と、地域の安全を祈願し、建立されました。

新富消防地蔵尊1

火事と言うこともあって、この前を通ると必ずお水がおなえられています。

新富消防地蔵尊2

地域の方の心優しい日々の行いですね。お花も綺麗に供えられています。

新富消防地蔵尊3

縁起もこのように書かれていました。「以後、さしたる災害もなく」という表記がホッと安心しますね。

≪新富消防地蔵尊≫

  • 〒104-0041 東京都中央区新富1丁目7−1

小さな神社・仏閣:入一地蔵尊

最後にご紹介するのは入一地蔵尊。八丁堀駅からすぐに見つけられるお地蔵さんです。

入一地蔵尊1

「入一」と言うのは「入船一丁目」なんでしょう。

入一地蔵尊2

ここも観音さまと地蔵さまの前にお花が供えられていて、しっかりと手入れがされていました。

≪入一地蔵尊≫

  • 〒104-0042 東京都中央区入船1丁目1−26

以上、小さな神社・仏閣 東京中央区八丁堀・新富町編でした。注意して旅をすると以外に小さな神社って多いもの。これからも定期的にご紹介する予定ですので、どうぞお楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました