小さな神社・仏閣 東京中央区佃編

便利なツール・情報源

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を更に豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい事や知って得する情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


 あなたの家の周りには小さすぎて普段なかなか気づかない、でもそう言えば確かにある神社仏閣はありませんか?お花やお水がしっかり供えられて地元の人に大事にされている神社・仏閣は実はポツポツあるもの。そして今回はなぜか狭いエリアに神社が集中している東京都中央区佃の小さな神社・仏閣をご紹介します。このブログであなたの旅がもっと豊かに、思い出深いものになれば嬉しいです。

小さな神社・仏閣:住吉神社

まず最初にご紹介するのは住吉神社。いきなり小さい神社ではない気がする佃では有名な神社ですが、これを紹介せずに佃の神社はありえないと思います。

佃島はもともと江戸の湊の入口でした。そしてこの住吉神社は海上安全、渡航安全の守護神として信仰を集めています。

境内には舞台もあり、年間行事や神事に利用されています。

≪住吉神社≫

  • 〒104-0051 東京都中央区佃1丁目1−14
  • http://www.sumiyoshijinja.or.jp/
  • 03-3531-3500

小さな神社・仏閣:森稲荷神社

続いて佃の住宅にポツンと鎮座しているのが森稲荷神社。

しっかり探さないと通り過ぎてしまうほどの規模感(実際私は気づかず通り過ぎてしまいました)。

森一族が、森家邸宅内に稲荷神を奉祀したことが起源だそうです。

≪森稲荷神社≫

  • 〒104-0051 東京都中央区佃1丁目4−4
  • http://www.tesshow.jp/chuo/shrine_tsukuda_mori.html

小さな神社・仏閣:船魂神社

住吉神社のすぐ隣にある神社。湊であったことが想起しやすい「船魂神社」です。

イイ感じに植物に囲まれた雰囲気のある社。御神徳は船体安全・大漁満足・航海安全。

佃島の船大工が祭祀していたものを住吉神社へ遷座したんだそうです。どうりで小さいわりにカッコいい社。

≪船魂神社≫

  • 〒104-0051 東京都中央区佃1丁目1−14

小さな神社・仏閣:疫神社・疱瘡神社

船魂神社の隣にはさらに小さな神社が鎮座しています。

疫神社・疱瘡神社です。手前にある藤棚は時期が合えばきれいなお花を楽しめます。

≪疫神社・疱瘡神社≫

  • 〒104-0051 東京都中央区佃1丁目1−14

小さな神社・仏閣:入船稲荷神社

住吉神社の境内にはまだ神社があります。こちらも湊を想起させる神社名の入船稲荷神社。

小さいながらもしっかりとした鳥居。

御神徳は五穀豊穣・産業発展です。この御神徳のせいもあり、佃エリアは着実に産業が発展してきましたね。

隣には立派な神輿が展示されています。お祭りが待ち遠しいですね。

ここでも湊を想起させる「海中御渡」という言葉が。だから漆なんですね。納得。

≪入船稲荷神社≫

  • 〒104-0051 東京都中央区佃1丁目1−14

以上、小さな神社・仏閣 東京中央区佃編でした。注意して旅をすると以外に小さな神社って多いもの。これからも定期的にご紹介する予定ですので、どうぞお楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました