半島を旅する 知床半島ウトロ③

ラーメン

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


 過去のブログでは旅の中でもレジャー感や幸福感を強く感じられる島の旅について、東京都の神津島(1日目はこちら2日目はこちら3日目はこちら4日目はこちら)や小豆島(小豆島はこちら)、宇野港&犬島(宇野港&犬島はこちら)などをご紹介しました。今回は島ではなく、半島!世界自然遺産に登録されている知床半島企画の第3弾(第1弾はこちら第2弾はこちら)。大自然がいっぱいの北海道の中でも知床はまさに世界のお宝と言っても過言ではない自然豊かな半島。日常生活に疲れたらゆったりと北の大地北海道の自然を満喫してください。それでは半島を旅する 知床半島の始まり!!

知床半島の遊び方 美味しいお昼ご飯を頂いて午後もしっかり楽しみましょう。

ぽちゃま
ぽちゃま

午前中は朝から五湖の大自然に触れました(その様子はこちら)。残念ながらヒグマの出没でツアーは中止となりましたが、美味しいお昼ご飯を頂いて午後も楽しみましょう。

  • 知床かに乃家
  • 住所:〒099-4355 北海道斜里郡斜里町ウトロ東78
  • 電話:+81152242671
  • 営業時間:11:00‐23:00
  • http://www.kaninoya.jp/
ぽちゃま
ぽちゃま

休日のお昼となると観光客で賑わう人気店。のぼりからもう旨いが確定。

ぽちゃま
ぽちゃま

海鮮丼はもちろん美味しいですが、知床の食では海鮮が当たり前になるほど。なのでお昼は少し変化球でラーメンといきましょう。

ぽちゃま
ぽちゃま

と言いつつも知床の美味しい海の幸が入った知床オホーツクラーメン。かに足、ほたて、エビが入った豪華なラーメンです。

知床半島の遊び方 お腹が満たされたら軽い運動をしながら知床の自然を感じましょう。

ぽちゃま
ぽちゃま

お腹が満たされたら軽く運動。海側に歩いていくとゴジラ岩が。それにしてもゴジラ岩って他の土地でもみたことあるなぁ。

  • ゴジラ岩
  • 住所:〒099-4355 北海道斜里郡斜里町ウトロ東122
ぽちゃま
ぽちゃま

そして更に歩くとキツネに遭遇。このあたりでは結構出てくるみたいです。

ぽちゃま
ぽちゃま

食べ物にありつけていないせいか結構痩せています。でも勝手にエサはやってはいけません。一度味を覚えると頻繁に人間の住むところを荒らしてしまうから。これはヒグマでも同じことなんだそう。グッとこらえて見るだけにしましょう。

ぽちゃま
ぽちゃま

更に海へ歩いていくと約60mのオロンコ岩に。ゆっくり登ってみましょう。

  • オロンコ岩
  • 住所:〒099-4355 北海道斜里郡斜里町ウトロ東
  • 電話:+81152222125
  • https://www.shiretoko.asia/oronkoiwa.html
ぽちゃま
ぽちゃま

結構急な階段を登っていくので、中止して登りましょう。オジサンには結構ハードな運動(笑)。

ぽちゃま
ぽちゃま

その分景色はご覧の通り。夕日を見るために登る人もおおいようです。

ぽちゃま
ぽちゃま

見渡すとこんな感じ。実際はこの何倍も美しいです。

ぽちゃま
ぽちゃま

近くではカモメが鳴いています。港町ですね。

 以上、半島を旅する 知床半島ウトロ③でした。まだまだ知床の魅力はいっぱい。次回は船で知床の魅力をご紹介する予定です。どうぞお楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました