散歩で出会う植物 6月上旬②

便利なツール・情報源

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を更に豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。

 今回は散歩をしていると出会う事ができる植物をご紹介いたします。ちょっと注意して散歩をすると、自然に生えたものから、趣味で育てられたもの、地方地自体が積極的に管理しているものだったりと、結構な種類の植物を楽しむことができます。どこかの本で述べていましたが「雑草」と言う名の植物はありません。どの植物もしっかりと固有の名前があり、それぞれの美しさ、かわいらしさがあるもの。そして普段何気なく目にしている植物でも名前を知るだけでもより愛着がわき、季節を感じられ、日々の生活が豊かになります。まつりとりっぷで初めて訪れた土地で、自分が済んでいる土地ではお目にかかれない新た植物に出会うのもうれしいものですね。それでは散歩で出会う植物、始まり!

【ご注意とお願い】このブログは植物にうとい私ぽちゃまがGoogleレンズを活用して身近な植物をご紹介するものですので、誤った情報をご紹介する場合があるかもしれません。学術的に正しく分類することがこのブログの目的ではなく、楽しい旅や普段の生活を通じて少しでも植物に興味を持って頂き、愛でる習慣がつく事によって皆さんの生活が豊かになればと思っての企画でございます。記載する情報に間違いがございましたらどうか優しく正して頂けるととってもありがたいです。

コメツブツメクサ

 その名の通りコメ粒ほど小さい花で、シロツメクサに似ている。ヨーロッパなどを原産としており道端に映えていることが多い。

コメツブツメクサ

サイズがとても小さいので気づきにくいがしゃがんで近づいてみると可愛らしいお花。

アベリア

 公園や道路沿いに植栽されていることが多く小さなトランペットのような形をした花が可愛らしい。写真は白色だがピンク色も珍しくない。

アベリア

ほんのりと優しい香りがするので近づいて楽しんでほしい。

ハナキリン

 マダガスカル原産で可愛らしい花を咲かせる一方で、鋭いトゲをもつ特徴的な植物。イエス・キリストが冠せられた「茨の冠」との伝説があり、「キリストの植物」とも言われる。

ハナキリン

赤、ピンク、オレンジの色が楽しめる。トゲは鋭いので注意。

ツツジ 

 アジアに広く分布し、日本でもこの時期には一斉に花が咲き周りがパッと華やかになる。幼い頃に蜜を吸って遊んだ人も多いかと思うが、種類によっては毒があるので注意。

ツツジ

 白、赤、ピンクと色も華やか。初夏のお花として季節を感じるにはもってこい。

ツキミソウ

 夜に咲き、朝に散ることから月見草と名付けられている。咲き始めの花びらは白色、朝を迎える頃に淡いピンク色となる。

ツキミソウ

 花言葉は「ほのかな恋」「移り気」。そよそよと風に揺らされながら咲く姿が可愛らしい。

以上、散歩で出会う植物でした。同じ場所でも時期によって出会える植物は違うもの。これからも不定期ですがご紹介していきたいと思います。お楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました