散歩や旅で出会う植物 4月

散歩や旅で出会う植物

 旅先で散歩をしたりすると、普段なかなか気づかない植物に出会ったり、愛情を持って育てられている植物に感動したりと、植物を愛でるチャンスが多いものです。

 どの植物もしっかりと固有の名前があり、それぞれの美しさ、かわいらしさに気づくものです。「雑草」と言う名の植物はありません。

 だから、名前を知るだけでもよりその植物の愛着がわき、旅がもっと豊かになるはず。今回はそんな散歩や旅で出会う植物をご紹介いたします。

【ご注意とお願い】

 この記事は植物の専門家ではない私がGoogleレンズを利用して身近な植物をご紹介するものです。学術的に正しく分類することがこの記事の目的ではありません。

 散歩や旅を通じて植物に興味を持って頂き、皆さんの生活がもっと豊かになれば幸いです。記載する情報に間違いがございましたらどうか優しく正してくださいね。

レンギョウ

ぽちゃま
ぽちゃま

レンギョウは中国原産で江戸時代に渡来し、朝鮮半島や日本に自生しています。

庭や公園の生垣として利用されるほか、漢方薬にも利用されてるんですよ。

ぽちゃま
ぽちゃま

黄色い花を咲かせて春の到来を教えてくれる樹木として人気があります。

ヤエヤマブキ

ぽちゃま
ぽちゃま

日本のほかに中国にも分布するヤマブキが園芸用に改良されたものです。

ヤマブキの花が終わったあとに咲き始め、鮮やかな黄色の花が楽しめます。

ぽちゃま
ぽちゃま

黄色がとっても鮮やかで遠くからでもすぐに見つかる存在感のあるお花。

このお花を見つけるとこれから植物がいきいきと育つ春が始まると実感します。

ヘレボルス・二ゲル

ぽちゃま
ぽちゃま

別名ではクリスマスローズ。

常緑の多年草で、清楚な白い花を横向きに咲かせます。

「ニゲル」は、黒を意味し、根が黒いことから名がついています。

ぽちゃま
ぽちゃま

横向きに花が咲くのが特徴的です。

せっかくきれいなのでよーく顔を見せて欲しいですね。

ツツジ

ぽちゃま
ぽちゃま

アジアに広く分布しており、日本ではこの時期には一斉に花が咲き華やかになります。

幼い頃に蜜を吸って遊んだ人も多いかもしれませんが、種類によっては毒があるので注意しましょう。

ぽちゃま
ぽちゃま

白、赤、ピンクと色は華やか。

道端で大量に咲いているツツジは圧巻ですね。

シラユキゲシ

ぽちゃま
ぽちゃま

スノーポピーとも呼ばれ、中国東部原産の耐寒性多年草です。

寒さだけでなく暑さにも強く、さらに繁殖力があるという強いやつです。

ぽちゃま
ぽちゃま

それほど存在感はなく、控えめに咲いている印象ですが、力強い植物だと知るとなんだか見習いたくなりますね。

トキワマンサク

ぽちゃま
ぽちゃま

樹高は5m近くにまでなる中高木。

いっせいに花が咲くので、木全体が花に覆われているように見えるはではでなやつです。

ぽちゃま
ぽちゃま

一斉に花が咲くので遠くからでも目に付く植物。

アピール力がすごいです。

ツバキ

ぽちゃま
ぽちゃま

厚みのある葉から「あつば木」、つややかな葉の「艶葉木(つやばき)」、光沢のある葉の「光沢木(つやき)」などなぜか花ではなく葉に特徴を見出され名付けられた植物です。

しかしながら花の存在感は抜群です。

ぽちゃま
ぽちゃま

もりっと比較的大きめの花が咲くツバキ。

存在感は抜群でツバキ油としても有名ですね。

オオチョウジガマズミ

ぽちゃま
ぽちゃま

日本では長崎県対馬にしか自生しない貴重な落葉花木です。

環境省レッドデータ絶滅危惧種に分類されているほどなんです。

ぽちゃま
ぽちゃま

道端で見つけたオオチョウジガマズミ。

これが絶滅危惧種?!

モリっと咲いていて可愛らしいですね。

リナリア

ぽちゃま
ぽちゃま

赤、白、ピンク、黄などの鮮やかな花色が魅力の植物です。

茎は倒れても、その茎からわき芽が伸びて花がたくさん咲く頼もしいやつ。

ほかの植物との相性がよく寄せ植えにも用いられています。

ぽちゃま
ぽちゃま

この時は道のわきに鮮やかに咲いているのを発見。

色がきれいなので思わず足をとめて見入ってしまいます。

モクレン

ぽちゃま
ぽちゃま

外側が紅紫、内側が白色の花を咲かせます。

中国から渡来しましたがもともとは、漢方として利用されていました。

漢字では木蓮と書き、木にハス(蓮)に似た花が咲くという事から由来しています。

ぽちゃま
ぽちゃま

しっかりと存在感を感じる立派なお花。

木に咲く蓮の花と言うとなんだかありがたく感じます。

タイトルとURLをコピーしました