成田祇園祭

成田山周辺が一体になる夏祭。山車・屋台が威勢よく一気に坂道を駆け上がる。


 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を更に豊かにするプランをご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


おススメ旅行プラン

①旅の始まり 千葉県 成田市 成田駅

↓(徒歩4分)

②千葉県 成田市 表参道

↓(徒歩8分)

③千葉県 成田市 うなぎ

↓(徒歩6分)

④千葉県 成田市 成田山新勝寺 成田祇園祭

↓(徒歩8分)

⑤成田祇園祭

↓(徒歩10分)

⑥旅の終わり 千葉県 成田市 成田駅


①旅の始まり 成田駅

成田駅を下車、成田山新勝寺を目指してゆっくり歩きましょう。

②表参道

参道
表参道は景観が
そろっていて
外国人じゃなくても
雰囲気を十分に楽しめます。
なごみの米屋
これは成田市の銘菓、
なごみの米屋さん。
お土産ならここですね。
千葉なので「ぴーなっつ最中」
がおススメ。

③うなぎ(川豊 本店

  • 〒286-0027
    千葉県成田市仲町386
  • 0476-22-2711
うなぎ1
そして成田に来たなら
必ず食べたいうなぎです。
こちらの川豊さんは
店先でうなぎを
さばいています。
うなぎ2
関東なので背びらき。
タレは辛めのふわふわです。

成田山新勝寺

  • 〒286-0023
    千葉県成田市成田1
  • 0476-22-2111
成田山新勝寺1
そして成田山新勝寺。
門の造りも流石に立派。
成田山新勝寺2
三重塔の装飾もとっても華やか。
青空に映えます。

成田祇園祭

  • 千葉県成田市 成田山新勝寺周辺
  • 7月7・8・9日に直近の金・土・日曜日
成田祇園祭1
シャン、シャン、シャンと
手古舞(てこまい)の登場。
小学校の子供達だそうです。
成田祇園祭2
そして山車が登場します。
引き手たちが坂道を
駆け上がります。
成田祇園祭3
2階の窓から
竹竿の先に付けて
御祝儀を渡します。
成田祇園祭4
街の雰囲気をまとって、
祭り人はカッコいい。
成田祇園祭6
夜も明かりが灯り、
ますます活気づいて
山車が街を駆け巡ります。

⑥旅の終わり 成田駅

 うなぎでしっかりとスタミナをつけた後に出会ったのは、細い坂道を威勢よく駆け上がる成田祇園祭でした。


≪祭情報≫

[名称]

成田祇園祭

[概要]

見事な彫刻をほどこされた10台の山車・屋台と御輿1台が、3日間にわたって成田山表参道とその周辺一帯を巡行する。約300年の歴史があり、一斉に踊る総踊りや山車・屋台が威勢よく坂道を駆け上がる様子が見どころ。

[開催場所]

千葉県成田市 成田山新勝寺周辺

[時期]

7月7・8・9日に直近の金・土・日曜日

[問合せ]

  • 成田市観光協会

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA