映画のススメ②

フォローしていただけるとブログを見逃しませんし、私も元気になります。

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


 忙しい日々をこなしながら、やっと作り出した休日で旅行を楽しむ。今回はそんな貴重な旅の時間をもっと楽しく過ごしてほしい、旅の移動時間に見て欲しい映画のススメです。今回は特に東北に向けて旅をする方におススメな映画です。

旅を楽しくする映画 東北編:奇跡のリンゴ(青森県)

 不可能といわれていた無農薬リンゴの栽培に奮闘する一家を描かれた実話を基にした作品。出演は阿部サダヲ、菅野美穂ほかで感動ながらも笑いもありのバランスの良いエンターテイメント。青森県弘前市が全面協力しており、弘前ねぷたまつりを楽しむ旅にぴったりな作品です(過去の弘前ねぷたまつりのブログはこちら)。

旅を楽しくする映画 東北編:もののけ姫(青森県&秋田県)

 ご存知世界に誇るスタジオジブリの代表作品の一つ。見たことがある人は多いと思いますが、この作品が青森県と秋田県にまたがる白神山地がアシタカが住むエミシの村のモデルとも言われているのはご存知でしょうか(ちなみに鹿児島県の屋久島もモデルと言われています)。白神山地は世界遺産に登録され、世界最大級のブナの森が広がる神秘的なところ。最近ではガイド付きのエコツアーもあるようなので、聖地巡礼としてでも、豊かな自然に囲まれて心を洗濯するためにもおすすめです。改めてもののけ姫を楽しんで、白神山地を訪れたいですね。

18きっぷ2

旅を楽しくする映画 東北編:あまちゃん(岩手県)

 NHKの連続テレビ小説の中で、おしん以来の大ブレイクとなった作品。「じぇじぇじぇ」も大流行しましたね。本作品は宮藤官九郎さんの脚本、能年玲奈さんの個性溢れる演技、小泉今日子さんの挿入歌『潮騒のメモリー』と魅力が盛りだくさんですが、実際の旅をするにしても舞台となった久慈市は三陸鉄道、ウニ丼、まめぶ汁、琥珀など楽しさ、美味しさが一杯なのでぜひ作品を十分に楽しんだ後には実際に久慈市を訪れて頂きたいです。

旅を楽しくする映画 東北編:おくりびと(山形県)

 監督は滝田洋二郎、音楽は久石譲が担当でアカデミー賞外国語映画賞、日本アカデミー賞最優秀作品賞と十分なタイトルを獲得した日本映画の宝。遺体を棺に納める“納棺師”という職業を通して、死と向き合い人生をみつめるドラマ。キャストは本木雅弘、広末涼子、山崎努 他と豪華で主人公が、雪が残る鳥海山を背景にチェロを弾くシーンが印象的。

旅を楽しくする映画 東北編:おしん(山形県)

 ご存知、日本だけではなく世界中から、そして今もなお見られている感動の作品。脚本は橋田壽賀子、出演は小林綾子、田中裕子、泉ピン子ともはや伝説ですね。そんなこの作品ですが、舞台となったのは山形県で、象徴的なシーンとなるのが銀山温泉。貧しい境遇にあっても、懸命に生きるヒロインの姿に思いをはせながら温泉につかると体だけではなく、心も温まる事間違いなしです。

 以上、映画のススメでした。旅行に行く前から映画を通じてイメージを膨らませたり、電車で移動中にゆったりと映画を見ながら豊かな時間を過ごす。今後も様々な土地の映画をご紹介したいと思います。お楽しみに!

フォローしていただけるとブログを見逃しませんし、私も元気になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました