映画のススメ

フォローしていただけるとブログを見逃しませんし、私も元気になります。

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


 忙しい日々をこなしながら、やっと作り出した休日で旅行を楽しむ。今回はそんな貴重な旅の時間をもっと楽しくする映画のススメです。

①旅を楽しくする映画:訪れる地を予習しよう

 なぜ映画が旅行を楽しくするのか。その理由の1つは旅行で訪問する土地を舞台とした映画を見る事で、事前にイメージトレーニングできるからです。旅の前にその作品を見る事によって、映画自体を楽しむだけではなく、土地の言葉や文化、食、気候など土地の色々な空気を感じる事が出来ます。映画のストーリーから更に想像が膨らんで自身の物語が頭の中で展開するとまぁ幸せ。大抵その創造と現実の旅はかけ離れているものですが、作品を見る時点で旅が既に始まっていると感じられる幸せ。ぜひ試してみてください。

②旅を楽しくする映画:青春18きっぷとの相性抜群

 以前このブログで青春18きっぷのススメをシリーズ3回でご紹介しました(「青春18きっぷ」は「大人の贅沢切符」①「青春18きっぷ」は「大人の贅沢切符」②「青春18きっぷ」は「大人の贅沢切符」③)。この青春18きっぷと映画は実に相性が抜群。青春18きっぷでゆっくりと移動を楽しみながら、タブレットやスマホで映画を楽しみましょう。青春18きっぷで各駅電車のゆったりとした移動をすると大抵は2時間くらいで乗り換えとなります。映画1作品をみたら次の電車へ乗換、タイミングバッチリな事も多い事でしょう。

18きっぷ2

③旅を楽しくする映画:北海道編

 今回は参考までに北の大地、北海道を訪れる時に見て欲しい映画をご紹介します。

1.探偵はBARにいる

 大泉洋と松田龍平が演じる探偵が、北海道札幌を舞台としたスリリングな犯罪ミステリー。東直己の小説「バーにかかってきた電話」を基に、テレビドラマ「相棒」シリーズの橋本一がメガホンを取っています。すすきのがメインの舞台となっているので、すすきのの夜を楽しみたい方にはぜひ見て欲しい作品。パート2もあります。

2.鉄道員(ぽっぽや)

 主演は日本一黙っているだけで絵になる男、高倉健。小林稔侍、竹しのぶ、広末涼子と豪華な役者が出演。北海道の雪深い町の駅舎を舞台に、鉄道員として生きたひとりの男のドラマ。冬の北海道を18きっぷを利用して旅をする方は絶対に見て欲しい名作。この映画を旅の前に観ると、しんしんと降る雪の中で電車に乗っているだけで、北海道に来た幸せをしっかりと噛みしめる事が出来るはず。

 以上、映画のススメでした。旅行に行く前から映画を通じてイメージを膨らませたり、電車で移動中にゆったりと映画を見ながら豊かな時間を過ごす。今後も様々な土地の映画をご紹介したいと思います。お楽しみに!

フォローしていただけるとブログを見逃しませんし、私も元気になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました