旅の出発地 グランスタ東京特集③改札内

便利なツール・情報源

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。

 関東において空の旅の玄関と言えば、成田空港だったり、羽田空港だったりしますよね。では電車での玄関と言えばどうでしょう?新宿駅?上野駅?いえいえ、今回強くご紹介したいのは東京駅。そして東京駅の中でもなんと言っても注目したいのはグランスタ東京。エキナカ初登場の店舗があったり、駅機能の拡充して今までにないエキナカ空間となっています。老舗・名店のグルメを味わうもよし、東京でしか手に入らない土産を買うも良し。店舗面積はなんと約11,300㎡、今回は電車に乗らなくても利用したいグランスタ東京のおススメショップ特集第3弾です。

グランスタ東京 おススメ店舗:そは’二〇(そばにわ)

 最初にご紹介するのはオサレなおそば屋さん。駅のおそばって立ち食いで、スーツを着たリーマンが忙しく食べる印象がありませんか。しかしここのおそば屋さんはそんなイメージを覆す事間違いなし。女性でも、男性も、一人でも、グループでも全く問題なく入れる雰囲気で美味しいおそばが頂けます。

入口からオサレな印象。とは言え、一人でも入りやすい程よい雰囲気。

店内はこんな感じ。駅中のおそば屋さんなのに、一人でもグループでもウエルカム。

こちらは鴨そば。しっかりと出汁のきいた上質なお蕎麦。右下のコップに入っているのはそば湯です。オサレですね。

≪そは’20(そばにわ)≫

  • 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9−1
  • https://www.jr-foods.co.jp/topics/archives/351
  • 03-6256-0385
  • 7:00 – 22:00(月~土・祝日)  7:00 – 21:00(日・連休最終日の祝日)

グランスタ東京 おススメ店舗:TOUBEI

 続いてご紹介したいのは魚の惣菜屋さん。「合成保存料」「合成着色料」「化学調味料」を使用しない、健康志向のお魚惣菜・お弁当を提供しています。こちらの商品も実にオサレ。キレイでオシャレなミニカップがズラリと並んでいて何を購入するか迷うはず。

一見よくあるお弁当やサンドイッチの売り場。いえいえ、近づいていくと・・・。

オサレな「レモンさばのバケットサンド」や

「サーモンカツサンド」テイクアウトNo1ですって。

こんなオサレな商品ならテイクアウトして自宅で頂くのも気分上りますね。

サーモンサンドも納得のクオリティー。手土産にも喜ばれそう。

≪TOUBEI≫

  • 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9−1
  • https://www.hamato.co.jp/shop/post-336-2/
  • 03-6206-3398
  • 8:00 – 22:00(月~土・祝日)  8:00 – 21:00(日・連休最終日の祝日)

グランスタ東京 おススメ店舗:THE STANDARD BAKERS TOKYO

最後はお土産にも喜ばれる美味しいパン屋さん。小麦やバターは「北海道産」が中心で「旬」の食材を使用して季節感を感じるバラエティ豊かなパンを購入することができます。

入口から美味しそうなパンがずらりですが今回ご紹介したいのは・・・。

北海道プレミアムバターブレッド。小ぶりなので焼き立ての美味しいうちに完食できます。

≪THE STANDARD BAKERS TOKYO≫

  • 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9−1 GRANSTA TOKYO1階
  • https://the-sbk.jp/tokyo/
  • 03-6665-7995
  • 7:00 – 22:00(月~土)  7:00 – 21:00(日・連休最終日の祝日)

以上、グランスタ東京のおススメショップ特集③でした。もはや旅の出発駅ではなく、ここが目的地になりえる程のスケール感。まだまだご紹介したい情報は盛りだくさん。次回もお楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました