一生祭りを追いかけながら旅ができないか⑨ 本5選

読書便利なツール・情報源

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


 「一生祭りを追いかけながら旅ができないか」について、何度かブログでご紹介していますが、今回はその第9弾。夢の実現には「FIRE」がキーワード(「FIRE」=Financial Independence, Retire Early、つまりお金に困らないで早期リタイヤする事ですね)。そんな「FIRE」を目指すために読んで欲しい本5選をご紹介します。

一生祭りを追いかけながら旅をするための本①:エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする/グレッグ・マキューン/高橋璃子

 本当に大事なものは何か、人生は有限でいつ終わるかわからない。出来るだけ人生に悔いを残さないために何を選択するかを真面目に考える良本。長い間、何となく感じていた理不尽なことや、納得できなかったこと、モヤモヤしていた事が活字を通して確信に変わるはず。新たな目標に向かって人生を軌道修正したい方には必読の本。

一生祭りを追いかけながら旅をするための本②:ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ人気ブロガー養成講座 [ 菅家伸 ]

 まずは読者に求められる優良コンテンツを作り集客力をあげた上で、マネタイズするという本物のブログを制作するための指南本。王道をおさえた上で便利なプラグインやテクニックが紹介されているため、ブログ運営を行っている方は何度も読み直して欲しい。日々デジタルに関する技術は進歩しているため学び続けることも必要。

 

一生祭りを追いかけながら旅をするための本③:まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書) [ イケダハヤト ]

 高知に住まいを構えて活動している、元ブロガー、現youtuberの本。実際に行動しているところが説得力があり参考になる。コロナ渦の現在では当たり前のリモートワークを2016年に実践していたのは時代の先端を行っていたのだろう。新たな働き方、生き方をしたい方には参考となる一冊。ただし、ブログ、youtuberと時代に合わせてビジネスを変えていく様は若干せわしない印象があり、醍醐味である田舎暮らしののどかな暮らしからは遠い印象がある。

一生祭りを追いかけながら旅をするための本④:会社は、廃業せずに売りなさい 後継者不在の問題は、ネットで解決! / 高橋聡

 事業継承を支援するトランビの代表が書いた事業継承の指南本。廃業を検討している社長に向けた本ではあるが、会社を買ってビジネスを検討したい方にもおススメ。トランビのPR本としての意味合いは強いが取っ掛かりとして経営者が読むには広く知識が得られるはず。これから需要が増える業界であることは間違いないので大きな時代の流れを把握するためにも読んでほしい。

一生祭りを追いかけながら旅をするための本⑤:ゼロから“イチ”を生み出せる! がんばらない働き方 [ ピョートル・フェリクス・グジバチ ]

 コロナ渦で働き方改革が進んでいる現在は当たり前になってきているが、2019年1月に発行された本だと知ると考え方が進んでいた本だと思われる。頭に余裕がなければ成果につながらない、働き方を改めて見つめ直し、新しい人生へと踏み出したい方におススメの本。

 以上、一生祭りを追いかけながら旅ができないか、でした。まだまだ、まだまだ「一生祭りを追いかけながら旅をする」にはハードルが沢山ありますが、少しつづ実現に向けて前進できる良本をご紹介していく予定です。お楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました