一生祭りを追いかけながら旅ができないか⑧ 本5選

フォローしていただけるとブログを見逃しませんし、私も元気になります。

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を更に豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


 「一生祭りを追いかけながら旅ができないか」について、何度かブログでご紹介していますが、今回はその第8弾。夢の実現には「FIRE」がキーワード(「FIRE」=Financial Independence, Retire Early、つまりお金に困らないで早期リタイヤする事ですね)。そんな「FIRE」を目指すために読んで欲しい本5選をご紹介します。

一生祭りを追いかけながら旅をするための本①:経費で落ちるレシート落ちないレシート 個人事業・フリーランスの「経費」と「節税」 [ 梅田泰宏 ]

 FIREを目指すためには、税金の知識を得るのは必至。税理士に青色申告の業務を依頼する予定でも、最低限の知識は得ていたいもの。そんな方にはピッタリの本。結局、経費で落ちるかどうかは業務で使われたかどうかが判断基準となるが、その事例を具体的に示したうえでわかりやすく解説してくれる。イラストも理解を促してくれて効果的。

一生祭りを追いかけながら旅をするための本②:減速して自由に生きる ダウンシフターズ (ちくま文庫) [ 高坂勝 ]

 FIREという生き方はいわゆる億万長者の人が豪華で派手な消費をしながら生活を送る事ではなく、働きすぎず、身の丈に合った生活でゆっくりと生きていく事。時代の流れなのかそんな姿を憧れている人が増えていて筆者はその先駆け。地球に負荷をかけないという大きなテーマを抱えながら自由に生きている様はFIREと少し方向性が違うかもしれない。一読した上で、自身の生き方を考えてみるのも良いかもしれない。

 

一生祭りを追いかけながら旅をするための本③:16年間の経験&データによる中古1Rマンション堅実投資法 /芦沢晃【著】

 不動産投資、特に1Rマンションに興味を持った人が読むべき登竜門的な良本。著者の経験がわかりやすく書かれており、納得しながら読むことが出来るはず。但しこれだけでは不動産投資は出来ないので「まずはとっかかりの知識を得るために」と考えて欲しい。

一生祭りを追いかけながら旅をするための本④:臆病者のための株入門 (文春新書) [ 橘 玲 ]

 インチキを見破り、カモられないための株初心者向け株の入門書。結局何も考えずにインデックス投資で世界市場を買う事に尽きる結論となるが、軽く一読してその過程を頭に蓄積しても損はない。

一生祭りを追いかけながら旅をするための本⑤:人生は攻略できる (一般書 207) [ 橘 玲 ]

 これから社会人となろうとしている人向けに書かれたお金と仕事と幸せについての本。著者のその他の本は比較的文章が硬い印象を受ける事が多いがこの本は想定されるターゲットが若く、読みやすく書かれている。FIREという大きな目標を持ちながら、自身の人生に軌道修正は必要ないか確認しながら読むと効果的。

 以上、一生祭りを追いかけながら旅ができないか、でした。まだまだ、まだまだこの夢の達成にはハードルが沢山あるようですが、少しつづ実現に向けた方法を考えてご紹介してみようと思います。お楽しみに。

フォローしていただけるとブログを見逃しませんし、私も元気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA