一生祭りを追いかけながら旅ができないか⑩ 本5選

読書便利なツール・情報源

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


 「一生祭りを追いかけながら旅ができないか」について、何度かブログでご紹介していますが、今回はその第9弾。夢の実現には「FIRE」がキーワード(「FIRE」=Financial Independence, Retire Early、つまりお金に困らないで早期リタイヤする事ですね)。そんな「FIRE」を目指すために読んで欲しい本5選をご紹介します。

一生祭りを追いかけながら旅をするための本①:0円で生きる 小さくても豊かな経済の作り方 [ 鶴見 済 ]

 0円で生きるために、貰う、共有する、拾う、稼ぐ、助け合うなどの切り口からその具体的なアクションが紹介されている。あとがきに書かれているが、0円で生きる事に近づくとより人間関係が濃くなる。自分はどの程度他人と関わるのが心地よく生きれるかを見極めながら本書の0円生活の一部を取り入れると自分に合ったライフスタイルが実現できるだろう。

一生祭りを追いかけながら旅をするための本②:図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [ 山崎元 ]

 お金についての基礎中の基礎がしっかりとまとまった良本。この本からとっかかり、他の本で更に知識を深めるのが体系的にお金について学べることができと思われる。この本の影響を受けたYouTube、書籍も多い。

一生祭りを追いかけながら旅をするための本③:大前研一 世界の潮流 2020〜21 [ 大前研一 ]

 タイトル通り世界の大まかな潮流が理解できる良本。記述されている内容が、スケールが国家レベルと大きく、ふーん、そんなもんかと納得して終わりがち。自身に置き換え、自身の今後の人生の指針にするとこの本の威力が発揮する事だろう。それにしても日本は中国のおこぼれを期待しないと生きていけない時代になったのか、残念。

一生祭りを追いかけながら旅をするための本④:金持ち大家さんがこっそり実践している空室対策のすごい技 [ 日本不動産コミュニティー ]

 副業で不動産に興味がある方なら押さえてほしい良本。タイトル通り空室対策の細かなアドバイスが参考になること間違いなし。不動産を所有したら定期的になにか工夫することがないか、この本を片手に実践すると良いだろう。一生祭りを追いかけながら旅をするために不動産による不労所得を目指す、夢へ近づく第一歩の本となるだろう。

一生祭りを追いかけながら旅をするための本⑤:自然災害に備える!火災・地震保険とお金の本 [ 石川 英彦 ]

 最近の経済に関する動画や書籍は保険を否定する傾向が強いが本書籍は必要であることを前提に書かれている。複数の意見を総合的に比較しながら自身の保険に対する方針を決める際の参考の1冊にするとよい。巻末資料の、り災届証明書や被災者支援に関する資料など、知っていると安心な内容がカバーされているので家に1冊置いておくと有事の際に役に立つだろう。

 以上、一生祭りを追いかけながら旅ができないか、でした。まだまだ、まだまだ「一生祭りを追いかけながら旅をする」にはハードルが沢山ありますが、少しつづ実現に向けて前進できる良本をご紹介していく予定です。お楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました