FIREして祭りを楽しむための本 投資編

FIREして祭りを楽しむための本
ぽちゃま
ぽちゃま

一生祭りを追いかけながら旅ができないか。

という事で「FIRE」するためのおススメ本をまとめました。

その中でも今回は「投資編」についてです。

他にも副業・暗号資産・文章術などFIREに関連するテーマに分けていますので参考にしてください。

旅の移動中に読むのもおススメですよ。

※「FIRE」=Financial Independence, Retire Early、つまりお金に困らないで早期リタイヤする事ですね

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

ぽちゃま
ぽちゃま

お金についての基礎中の基礎がしっかりとまとまった良本。

この本からとっかかり、他の本で更に知識を深めるのが体系的にお金について学べることができと思われる。

この本の影響を受けたYouTube、書籍も多い。

お父さんが教える 13歳からの金融入門

ぽちゃま
ぽちゃま

お金に関する基礎知識を得たい人にはぴったりの良本。タイトルの通り13歳に向けて簡単な表現で丁寧に書かれているので理解しやすい。最後には引退まで想定した内容が書かれているのが今の時代を表している(13歳に引退の話をするなんて)。子供の時に読みたかったと感じる人も多いはず。

父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え

ぽちゃま
ぽちゃま

タイトル通り父が娘に向けて自由に生きるための投資指南本です。

インデックス投資信託の一択を勧めており、現在FIREを目指す方なら一度は聞いたことのある手法だろう。

興味深いのはドルコスト平均法を否定していること。そのからくりはぜひ読んで学んで欲しい。

ETFはこの7本を買いなさい 世界No.1投信評価会社のトップが教えるおすすめ上場投資信託

ぽちゃま
ぽちゃま

ETFを購入する際のポイントと具体的なETF、ポートフォリオが紹介されている良本。

現在流行りのインデックス投資信託がポートフォリオのベースとなっておりその考え方はうなずけるもの。

実践的なので実際に投資に取り組んでおり、ポートフォリオを見直したい人にオススメ。

投資バカ 賢い人は金融機関を信じない

ぽちゃま
ぽちゃま

youtubeなどでよく語られている、「銀行や証券会社の窓口で投資信託を買うべきではない」、「NISAの落とし穴」、「保険は投資にならない」、「手数料を見て金融商品を購入すべき」など、投資に欠かせない基礎知識がしっかりと書かれています。

投資に興味がある方なら最初に読むべき良本です。

預金バカ 賢い人は銀行預金をやめている

ぽちゃま
ぽちゃま

現在、投資に関する本や動画で王道として勧められているインデックス投資、長期投資、つみたてNISAに関する内容が2014年の発行時に既にしっかりと述べられている驚異的な本。

投資を検討している人にとっては必ず読むべき本と言っても過言ではないだろう。

著者の最新作も気になるところ。

退職金バカ 50歳から資産を殖やす人、沈む人

ぽちゃま
ぽちゃま

50代をターゲットとした引退後を幸せに過ごすための指南本。

著者は投資信託会社の社長であるが自社の金融商品を強く推すような事はなく、50歳からの生き方や資産運用、老後資金についてまっとうな考え方が述べられている。

長期的な自身の人生設計を考えると言う目的であれば、30代、40代でも十分に参考になるだろう。

普通の会社員が一生安心して過ごすためのお金の増やし方

ぽちゃま
ぽちゃま

長期的に投資信託へ、更に日本銘柄はアクティブに世界銘柄はインデックスへと理にかなった投資方法が説明されています。

まとまったお金が出来てから投資に回すのではなく、今から最低5万円以上を毎月の投資に回す考え方も頷けます。

この本と更に投資に関する書籍を2、3冊読むと投資について体系的に理解できると思われます。

国家破産はこわくない

ぽちゃま
ぽちゃま

金融、経済の名著者である橘玲が書く国家破産でも資産を守るための本です。

壊滅的な状況でない限り普通預金が最強の金融商品だと述べる点が面白い。

また財政破綻の際は国債ベアファンド、外貨預金、物価連動国債ファンドがあげられている。

FXやオプション等比較的高度な金融商品についても述べられているのでやや難解ですが、このコロナ禍、財政破綻について対策を練るためのオススメの1冊といって良いです。

株式投資の未来 永続する会社が本当の利益をもたらす

ぽちゃま
ぽちゃま

「FIRE」を目指して株式投資を検討している人にぜひ読んでもらいたい本。

成長が著しい企業は市場の注目・期待が過剰に高くなり、予想よりもリターンが見込めない事が多い。

一方さほど目立つことはなくても堅実に世界市場を構築してきた企業は配当を中心に高いリターンが見込める。

成長とリターンが比例しない事がしっかりを開設されている。

ギャンブルとして一発儲ける株ではなく、堅実に資産を増やし「FIRE」を目指す人向き。

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

ぽちゃま
ぽちゃま

株式投資で230億を作った著者の投資に対する考え方が詰まった本です。

読んで納得だと思うが著者は終始ギャンブラーで、自分には決して真似のできない天才。

株で一発逆転を狙っている人はいかにその発想があさはかで成功する人の頭がどうなっているのか、自身にブレーキを踏むためにも読んでおいて損はない良本。

著者のような儲け方はできないことをしっかりと自分に言い聞かせることができるだろう。

臆病者のための株入門

ぽちゃま
ぽちゃま

インチキを見破り、カモられないための株初心者向け株の入門書。

結局何も考えずにインデックス投資で世界市場を買う事に尽きる結論となるが、軽く一読してその過程を頭に蓄積しても損はない。

お金が増える 米国株超楽ちん投資術

ぽちゃま
ぽちゃま

カリスマブロガーたぱぞうが書いた投資本。

本人は個別の株式投資から初めトライ&エラーを経てこの本で投資術を述べる事となったが、結局米国株のインデックス投資信託に落ち着いていることが納得。

一方で各セクターに特化した商品を紹介しているところも面白い。著者は投資自体が面白いのだろう。

投資の大原則[第2版] 人生を豊かにするためのヒント

ぽちゃま
ぽちゃま

まずは貯蓄、コストの安いインデックス投資信託、分散、ドル・コスト平均法と投資についての基本・王道と言える内容がかかれた本です。

投資はしたいけど、本を読んだり勉強するのはしんどいという方におすすめ。

これ一冊で基礎的なことは十分網羅されている。逆にこの本でさえ読むのが面倒な人は投資は諦めた方が良いかも。

ビジネスエリートになるための教養としての投資

ぽちゃま
ぽちゃま

エリートビジネスマンに向けた投資の考え方を指南する本です。

具体的な投資テクニックの紹介はほぼなく、著者のこれまでの経緯、投資と投機の違い、株の長期保有をメインに書かれています。

現時点では賛同できない点が多いですが投資に関する別の視点を知るにはよいチャンスとなる本です。

投資なんか、おやめなさい

ぽちゃま
ぽちゃま

外貨建て生命保険、毎月分配型投信、純金積立、個人年金など各金融商品についての仕組みやデメリットをしっかりと丁寧に書かれているので、投資を検討している人にはもってこいの良本。

正しく各金融商品が理解できる。

発行されたのが2017年とやや古いため、後半に書かれているデフレ時は、借金を減らして貯金をすると言う方針は、ジャブジャブと円を流通させている現在ではそのまま受け入れない方が安全かもしれないです。

ぽちゃま
ぽちゃま

FIREに関連する他のテーマ本はこちら!!

FIRE編 金持ちの考え方編 働き方・生き方編 スキルアップ編 副業・起業編 文章術編 暗号資産編 ブログ・SNS編 不動産編 税金編  せどり編

タイトルとURLをコピーしました