一生まつりを追いかけながら旅ができないか 2021年7月

fireFIRE

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。

 このブログを始めて1年。ブログを書きながら日々思いが増していくのは「一生祭りを追いかけながら旅ができないか」という願望。みなさんも旅をしているとこの楽しい時が永遠に続いて欲しい。終わらないでほしいと考える事ってよくあるんじゃないでしょうか。今回はそんな夢を本気で考えてブログで不定期に発信する「一生祭りを追いかけながら旅ができないか」特集です。

金持ち

やっぱりFIREがキーワード。

 「一生祭りを追いかけながら旅ができないか」この目標から切っても切り離せないのがこのブログでも何度かご紹介している言葉、FIRE。Financial Independence, Retire Earlyのことで、「働かなくても自由に生きていける経済状態を作り、早期退職をする」と私は理解しています。

 どの本でも、WEBページでも述べられているのでもはや当たり前ですが、念のためFIREとはどんな生活なのかをもう少し、突っ込んで説明すると、(「働らかなくても自由に生きていける」と言っても)決して使いきれないくらいの大金を貯め込むという事ではなくて、できるだけ質素な生活で倹約をしながら、資産運用で増えた分だけで自由に生きていくという事です。

 このFIREの指針となる数字は4%と25倍。 貯めた資産を4%で運用し、その4%分で一年間を自由に生活する。各々どんな生活を送るかによって当然必要な資産は大きくも小さくもなりますが、年間の支出額(年間必要なお金)×25倍の資産があれば、理論上はその4%で一生生きていけるという事になります(あとはインフレを考慮する必要があいますが)。あなたはいくらあればFIREできますか?5千万円?1億円?それと3億円?

FIREがちまたで流行ってきてやしないか?

 このFIREと言うムーブメント、最近皆さんの周りでも流行ってきてやしませんか?(私が強く興味を持っているので自身の思い込みとして目にすることが多いと思っているだけでしょうか?)このブログでもおススメの本やYouTubeなどをご紹介してきましたが、「早期退職をして働かない」事がこのムーブメントの中心となる考え方。一昔前ならなら「そんな考えでは世の中通用しない」や「お金のことを考えること自体が汚い事」だったはずで、今でも保守的な人からは否定的な発言が出やすい考えだと私は思っていたのですが、思ったより広く現代の世には浸透して目標としている人や興味を持っている人が多くなっているような気がしています。しかもこのFIREというムーブメントはいわゆるミレニアル世代(20代前半から30代後半くらいの年齢の人々)に多く、広まっているんですって(でもミレニアル世代がFIREを達成するには10年後?20年後?それまでに新たなムーブメント、考え方が広がりそうですね、そういう私もまだまだ道は長いまま…)。

 蛇口をひねれば簡単に手に入る水のように、インターネットが当たり前のように利用することができると様々な価値観や意見が修練され、今までは公に言いにくかったことも受け入れられるようになったんでしょうかね。あなたはFIREと言うムーブメント、夢物語だと思いますか?汚い事だと思いますか?

それでも働いてしまう人はいる!?

 FIREを自称達成している人の本やYouTubeを見ると、当たり前ですが実にイキイキと充実した日々を送っているように見えます。当たり前ですよね、嫌な仕事から身を引き、思うがまま好きなように日々を送っているのですから。

 でも意外なのは、自由に生きていけるのにそれでも働いてしまう事実。ゲームや漫画、TVを見る生活はいつまでも続かないんだそうです。結局人に喜ばれる仕事や自分の興味のある仕事についてしまってもはや強く必要ではなくなったお金を稼いでしまう、なんてことがあるみたい。どうせそんなことになるんだったらもっと早めにやりたくなかった仕事を辞めればよかったと言う始末。これって本当でしょうか?確かにもし私がFIREできたら、「一生まつりを追いかけながら旅をする」のでこのブログがその仕事になってしまうのかもしれないですね。

 以上、一生まつりを追いかけながら旅ができないかでした。これからも不定期にこのテーマについて考えてみようと思います。関連する本や動画も不定期にご紹介する予定ですのでどうぞお楽しみに!!

タイトルとURLをコピーしました