一生まつりを追いかけながら旅ができないか 2021年9月

fireFIRE

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。

 このブログを始めて1年。ブログを書きながら日々思いが増していくのは「一生祭りを追いかけながら旅ができないか」という願望。みなさんも旅をしているとこの楽しい時が永遠に続いて欲しい。終わらないでほしいと考える事ってよくあるんじゃないでしょうか。今回はそんな夢を本気で考えてブログで不定期に発信する「一生祭りを追いかけながら旅ができないか」特集です。

金持ち

FIREが完全なブームに!?

 「一生祭りを追いかけながら旅ができないか」この目標から切っても切り離せないのがこのブログでも何度かご紹介している言葉、FIRE。Financial Independence, Retire Earlyのことで、「働かなくても自由に生きていける経済状態を作り、早期退職をする」と私は理解しています。

 そしてこのFIREと言うムーブメント。最近はブログ、YouTube、TVなどでも取り上げられてちょっとしたブームになっていると感じます。皆さんも耳にすることがあるのではないでしょうか。今回はなぜこんなにFIREがブームになっているのか、だらだらと考察してみます。

視聴メディアがTVからYouTubeへ

 FIREブームの理由として挙げられるのは日本国民、みんなが大好き(だった)TVの衰退。1日の大半に結構な時間を割いていたTVが最近見られなくなったというのが大きな原因だと思われます。最近のTVって正直面白くないですよね(関係者の方、ごめんなさい)。いやもしかしたらTV番組の質は変わっていないかもしれないのですが(それはそれで問題ですが)、YouTubeをはじめとしたネットメディアが専門性のある有料級のコンテンツをゴロゴロ抱えるようになったからかもしれません。要はYouTubeの方がTVよりも欲しい情報をいつでも手軽に入手できるようになり、FIREという今まではニッチな話題でも手軽に情報を得られるようになったからという事ですね。

コロナウイルスによって在宅が普通になった

 続いての理由は、にっくきコロナウイルスのせい。このウイルスのおかげで在宅勤務(学習)の方が増加し、会社や学校に縛られない自由な生活を初めて体験することが出来ているから。私もそうですが、パフォーマンスは低下することなく(むしろ上がっている)時間を有効に活用して仕事(学習)に取り組めるようになりました。今までの会社に縛られていた時間は何だったのか、満員電車に揺られたあの日々は何だったのかと愕然とし、その違いを感じている人は少なくないはず。そんな圧倒的に快適となった生活を体験すると次の思考として自然と流れるのはFIREという自由な生活。多少給料が低くなっても満員電車に乗って、給料アップにはつながらない会社の利益目標のために自分の時間を消費するのはどうしても避けたいと思うものですよね。

考えてみたらお金より時間の方が大事だった

 そして最後に行き着く思考がお金より時間の方が大事という事。時間が無限にあったらお金は無限に増やすことが出来ますよね。例え金利が0.002%とゴミみたいな利率でも時間が無限にあれば確実に増やすことはできます。しかし、逆にお金がどれだけあっても自分が生きられる寿命は変えられません。中には「時間は命そのもの」と言う人もいますが、それも一理あるように思います。世の中が豊かになって「モノより思い出」となった日本は時間の価値がかつてないほどに高くなりました。その貴重な時間を最も有効に消費できるのがFIREというライフスタイルなんだと思います。

 以上、一生まつりを追いかけながら旅ができないかでした。これからも不定期にこのテーマについて考えてみようと思います。関連する本や動画も不定期にご紹介する予定ですのでどうぞお楽しみに!!

タイトルとURLをコピーしました