おもしろ獅子3選①

 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を更に豊かにするプランをご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


 全国のお祭りでは獅子がが神聖なものとして扱われ、舞いに用いられたり担がれることが多くあります。そしての獅子の形や素材も実に様々。今回はそんなおもしろ獅子3選をご紹介します。

長崎獅子祭

豪華な羽と袴のいで立ちで、長崎神社周辺を獅子が舞い踊る。

≪祭情報≫

[名称]

長崎獅子祭

[概要]

獅子頭を被った三頭の獅子が、腹につけた太鼓を打ち鳴らしながら長崎神社周辺を舞い踊る。元禄年間から伝承される豊島区の民俗芸能。区の無形民俗文化財にも指定されている。獅子は華やかな盛装とボリュームのある獅子頭が特徴的で「病気平癒」や「五穀豊穣」を願い舞う。

[開催場所]

〒171-0051
東京都豊島区長崎1丁目9-4長崎神社周辺

[時期]

5月の第2日曜日

[問合せ]

  • 長崎神社
  • 〒171-0051
    東京都豊島区長崎1丁目9-4
長崎獅子舞2
長崎獅子連が列をなして
神社を出発します。
一緒に歩いてついていきましょう。
道幅が狭い所もあるので
自動車にはくれぐれも注意です。
長崎獅子舞3
花笠巫女さんと獅子が
一列になって移動します。
面白い絵ですね。
長崎獅子舞4
そして要所で舞いが行われます。
袴姿の獅子舞は日本で
ここにしかないそうですが、
どちらかと言うと羽のふさふさ&
ボリュームに目が行きます。
神社境内での舞の時は
三頭の獅子、道行きの時は
四頭で舞います。
「病気平癒」や「五穀豊穣」を願って。

鳥見神社の獅子舞

いにしえより受け継がれてきた悪魔払いと豊作を祈念した獅子舞。ジジ(親獅子)、セナ(子獅子)、カカ(雌獅子)の3匹の獅子が舞う。

≪祭情報≫

[名称]

鳥見神社の獅子舞

[概要]

保存会によって獅子舞が、毎年5月3日の例大祭で奉納される。獅子舞は、悪魔払いと豊作を祈念して行われ、この日を「おこと」という。舞人は、氏子の青年男子が選ばれ、ジジ(親獅子)・セナ(若獅子)・カカ(雌獅子)の3匹によって舞わる。舞は「初の切」・「二の切」・「弓越えの舞」・「寝起きの舞」・「三角の舞」・「みみず拾いの舞」・「けんかの舞」・「仲直り三角の舞」「くじびきの舞」等で構成される。着物や帯を獅子舞人につけて舞ってもらうと幸福になると言われている。千葉県無形民俗文化財。

[開催場所]

千葉県 印西市 平岡1476 平岡鳥見神社

[時期]

5月3日

[問合せ]

  • 印西市役所教育委員会 教育部生涯学習課文化係
  • TEL: 0476-33-4714
  • FAX: 0476-42-0033
鳥海神社の獅子舞1
ジジ(親獅子)、セナ(子獅子)、
カカ(雌獅子)の3匹の獅子が
創建延宝6年(1678年)の
古社、鳥見神社へ向かいます。
鳥海神社の獅子舞3
演目は「初の切」、「二の切」、
「弓くぐりの舞」、「ねむりの舞」、
「三角の舞」、「みみず拾いの舞」、
「けんかの舞」、「仲直り三角の舞」
最後に「くじびきの舞」があります。
毎年の伝統行事なので
観覧者も観覧方法を
わきまえています。
この行事に参加できる喜びを
感じられます。
鳥海神社の獅子舞6
これは「弓くぐりの舞」。
その名の通りですね。
鳥海神社の獅子舞7
光が差すと神秘的な
雰囲気に。

会津彼岸獅子

春の彼岸入りに、三体の獅子が豊作と家内安全を祈りながら舞う。

≪祭情報≫

[名称]

会津彼岸獅子

[概要]

春の彼岸入りに、三体の獅子が笛と太鼓の音色に合わせて、舞を披露しながら鶴ヶ城、阿弥陀寺など市内各所を練り歩く。豊作と家内安全を祈り、春の訪れを喜び合う会津の伝統行事。お盆などにお墓やお寺などで祖先の供養として踊ったと言われており、春の彼岸の時期に舞われることから「彼岸獅子」と呼ぶようになった。戊辰戦争の際には包囲された鶴ヶ城へ戦わずして入場するため奇策としても活用された。

[開催場所]

福島県会津若松市 鶴ヶ城、阿弥陀寺、ほか市内各所

[時期]

3月20日(春分の日)

[問合せ]

  • 会津まつり協会
  • 〒965-0042
    福島県会津若松市大町1-7-3
  • TEL:0242-23-4141
会津彼岸獅子1
福島に本社を置くスーパー
「リオン・ドール」。
このお店の前で会津彼岸獅子の舞が
披露されます。
会津彼岸獅子2
豊作と家内安全を祈り。
春を訪れを喜び合う伝統行事。
会津彼岸獅子3
この舞いには子供も出演します。
獅子が子供を喰おうとしますが、
結局一緒に遊んで
喰わずに山へ帰る物語。

 以上おもしろ獅子3選①でした。日本にはまだまだ、まだまだ面白いお祭りがいっぱい。また違う切り口でお祭りをご紹介します。