吾妻神社馬だしまつり

フォローしていただけるとブログを見逃しませんし、私も元気になります。

馬が砂浜を駆け抜ける勇壮な神事と、幻想的な雰囲気の中で神輿が担がれる神事。千葉県の無形民俗文化財。


 旅先で非日常を感じられるお祭が開催されていたら、その旅はもっと特別で、ちょっと得した感じがする。気分は上げ、上げ、お酒も料理も二割り増し。
 このブログでは全国にある様々なお祭を手軽に楽しめてあなたの旅を更に豊かにする「まつりとりっぷ」をご紹介。更に祭りや旅に関するたくさんの楽しい情報をご紹介します。せっかくの旅だから、もっと楽しく、特別なものにしませんか。


おススメ旅行プラン

①旅の始まり 千葉県 君津市 君津駅

↓(車30分)

② 千葉県 富津市 マザー牧場

↓(車22分)

③ 千葉県 富津市 吾妻神社馬だしまつり

↓(車6分)

④ 旅の終わり 千葉県 富津市 大貫駅


①旅の始まり 大貫駅

千葉県君津駅から車で、関東の人ならみんな知ってるマザー牧場へ向かいましょう。

マザー牧場

  • 〒299-1731
    千葉県富津市田倉940−3
  • 0439-37-3211
アヒル
羊、牛、馬、ヤギ、豚、アルパカ、
カピバラ、うさぎ、モルモットなど
たくさんの動物たち。
ひつじ
羊の毛刈りを見たり、
乳牛の手しぼりやエサやりが
できます。動物好きは
必ず訪れたい天国。
うし
ちなみに創業者はいまはなき
母親への想いをこめて
「マザー牧場」と名付けたそうです。

③吾妻神社うまだしまつり

  • 千葉県 富津市 岩瀬海岸/吾妻神社 ※馬だしの神事は岩瀬海岸
  • 9月中旬
吾妻神社馬だしまつり1
続いて、吾妻神社へ。
既に「馬だし」を終えています。
(残念ながら今回は「馬だし」を
見ることが出来ず、次回ご案内します)
吾妻神社馬だしまつり2
まつりのクライマックスは間もなく、
最後の気力をふり絞りながら、
テンションは最高潮。
吾妻神社馬だしまつり3
吾妻神社に神輿が到着。
境内には既に多くの地元の人々が。
吾妻神社馬だしまつり4
神輿と提灯を天高く上げ、
いよいよクライマックス。
提灯が幾重にも重なり
幻想的な雰囲気に。
神輿はまつりの終わりを
惜しまれながら天に掲げられます。

④旅の終わり 大貫駅

 千葉県が誇る観光スポットマザー牧場で沢山の動物たちに囲まれた後に出会ったのは、「馬だし」を終え、神輿を惜しまれながら天に掲げる吾妻神社馬だしまつりです。


≪祭情報≫

[名称]

吾妻神社馬だしまつり

[概要]

馬だし、オブリ、神輿を中心とした神事が行われ、五穀豊穣や、海上の安全、大漁を祈願する。「馬だし」はオメシと呼ばれる神馬の鞍に神霊を移した幣束(へいそく)をつけ、2人の青年が馬の手綱を持ち両脇にしがみついて海岸を疾走する神事。オメシが神輿に先立って神社から下山し、海岸を疾走した後、幣束を遺品の漂着地に埋める。その後、オメシは神社へ戻り、神輿が海へ入る「お浜出」が行われる。ちなみに神霊を馬上に移し渡御する神事は飾り神輿のできる以前の祭りとして重要なもの。提灯が幻想的な雰囲気を出す19時半頃、神輿は吾妻神社に戻ってきて、祭礼が終了となる。千葉県無形民俗文化財に指定

[開催場所]

千葉県 富津市 岩瀬海岸/吾妻神社 ※馬だしの神事は岩瀬海岸

[時期]

9月中旬

[問合せ]

  • 富津市 生涯学習課
  • 〒293-8506
    千葉県富津市下飯野2443
  • TEL:0439-80-1342

参考

フォローしていただけるとブログを見逃しませんし、私も元気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA